不動産一括査定サイトおすすめランキング12選!【2023年最新版】

不動産査定サイトおすすめランキング!【2023年最新版】

「不動産一括査定サイトって実際どこがいいの?」

「不動産売却を検討したけど、まず何をしたらいい?」

不動産一括査定サイトのおすすめってどこ?」

不動産を売却すると決めたら、まず不動産一括査定サイトを利用してみましょう。

不動産一括査定サイトは、不動産がいくらで売却できるかを、複数の不動産会社に一括で査定してもらえるサービスです。

不動産一括査定サイトの仕組み

不動産一括査定サイトで複数社から査定してもらい、比較してより良い取引に繋げることが可能です。

当記事では、不動産一括査定サイトのおすすめ12選をご紹介します。

以下の内容について解説いたしますので、不動産売却をご検討の方は、ぜひ参考にしていただけると幸いです。

目次

不動産一括査定サイトとは複数社の査定結果を確認できるサービス

不動産一括査定を簡単に説明した図解

不動産一括査定サイトとは、複数の不動産会社に不動産の査定をまとめて依頼できるサービスを指します。

無料査定で確認できる場合が多く、家の査定価格がどのくらいになるのか知りたくて利用されます。

不動産一括査定サイトによって、提携している会社の数や、最大同時依頼数が異なります

対応しているエリアも違うので、自分に適した不動産一括査定サイトを選びましょう。

不動産一括査定を利用した場合と普通に査定した場合の比較画像

不動産一括査定サイトを利用せずに、自分で売却予定の家と似た条件の家を見つけて査定価格を参考にすることもできますが、かなり手間がかかります。

家に居ながら、サクッと簡単な査定を済ませたいなら、不動産一括査定サイトの利用をおすすめします。

不動産一括査定サイトの特徴と仕組み

不動産一括査定の仕組みの図解画像

不動産一括査定サイトの特徴は、自分で一つひとつ会社に査定を頼まずに、一括で複数社の査定額を確認できる点です。

電話で問い合わせをするわけではなく、決められたフォーマットに必要事項を記入していきます。

suumoの入力項目

そうすれば、サイトが提携している会社に一括査定が行われます。

無料で利用できる理由は、一括査定も営業活動の一環だからです。

不動産一括査定が無料で利用できる理由を図解

無料だとリスクがあるのではと考える方もいますが、不動産会社の宣伝と考えれば納得できるのではないでしょうか。

ただ、査定はあくまで簡易的なものになり、実際に不動産を見て査定をする訪問査定ではありません。

おおよその価格を知りたいときに利用するに留め、具体的な価格を知りたいなら訪問査定をしてもらいましょう。

監修者:中西諒太氏
監修者の
コメント

査定をする場合、建物の劣化や周辺環境によって査定額が変わってきます。

机上査定だとどうしても統計上のデータからしか査定額を算出できないため、訪問査定の方がより正確な査定額がわかります。

不動産一括査定サイトの使い方

不動産一括査定サイトを利用の流れのフローチャート図

不動産一括査定サイトの使い方は、まず複数の不動産会社への査定依頼から始めます。

最初から1社に絞り込むと、他でもっと良い査定額が出る可能性を失ってしまうからです。

できるならより高い値段を付けてくれたところと契約した方がお得ですから、損をしないためにも複数の会社で比較することが大切です。

次に不動産会社を数社に絞り、訪問査定を依頼しましょう。

不動産一括査定を依頼してからのフロー

訪問査定は、文字通り売却予定の不動産を見に来て査定をしてもらうことです。

訪問査定により、実際にどれくらいの価格になるか、より具体的にわかります。

訪問査定とは

最終的には不動産会社を1社に絞り、契約という流れがおすすめです。

比較対象ができることで、よりお得に売却できる可能性が上がります。

監修者:中西諒太氏
監修者の
コメント

不動産会社によっては相場より高く査定額を出す場合がありますし、その逆もあります。そのため、より正確な査定額を出すために複数社を比較する必要があります。

また、担当者との相性を見極めるためにも比較は有効な手段です。

ピッタリの不動産一括査定サイトを見つける業界マップ

ピッタリの不動産一括査定サイトを見つける業界マップ

この記事で紹介する不動産一括査定サイトのおすすめは、この12社です。

不動産一括査定サイト 提携会社数 最大同時依頼数 対応エリア 匿名 特徴
SUUMO不動産売却SUUMO不動産売却詳細はこちら 約2,000社 10社 全国 OK 60秒入力で無料一括査定ができる
すまいValue
すまいValue
詳細はこちら
大手6社 6社 全国 OK 一度の査定で大手6社の査定額がわかる
イエウール
イエウール
詳細はこちら
全国2000社以上 6社 全国 不可 売却成立サポート件数年間20万件突破で初心者でも利用しやすい
RE-Guide
詳細はこちら
900社以上 10社 全国 OK 運営17年目の老舗サイトで信頼性がある
HOME4U
詳細はこちら
約1,800社 6社 全国 OK 厳選1,800社と提携している
いえカツLIFE詳細はこちら 約500社 6社 一都三県の東京、埼玉、神奈川、千葉 OK 一度に3つの売却方法比較も可能
マンションナビ
詳細はこちら
2,500店舗 9社 全国 不可 マンション専門で、マンションの売却に強い不動産会社が揃っている。
マンションマーケット
詳細はこちら
非公開 10社 全国 OK 最大で6人の不動産エージェントを選択可能
ズバット不動産売却
詳細はこちら
84社 6社 全国 OK 20年以上も比較サイトを運営している実績あり
HowMA!
詳細はこちら
30社 6社 全国 OK 匿名ですぐに査定できる
イエシル
詳細はこちら
非公開 4社 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県 OK 約9000万件の情報から価格査定が可能
10秒でDo!
詳細はこちら
不明 1社(ハウスドゥ) 全国 不可 約10秒でAIによる査定が可能

【ドラッグすると左右にスクロールできます】

それぞれに特徴がありますので、希望する選び方からぴったりの不動産一括査定サイトを見つけましょう。

ここからは、各社の特徴別に不動産一括査定サイトのおすすめを紹介していきます。

提携会社数が多い大手不動産一括査定サイトのおすすめ6選を診断チャートで紹介

ここからは、不動産一括査定サイトの中でもおすすめの6つをご紹介していきます。

それぞれ特徴があるので、自分に合うものを選んでみてください。

あなたにピッタリの不動産一括査定サイトが見つかるフローチャートを作成しましたので、是非参考にしてみてください。

迷っている人におすすめの不動産一括査定が見つかる診断画像

自分に合った不動産一括査定サイトは見つかりましたでしょうか?

下記の表にて各不動産一括査定サイトの特徴をまとめました。

特徴の他、提携会社数や最大同時依頼数、対応エリア、匿名でできるかどうかを表にまとめました。

不動産一括査定サイト 提携会社数 最大同時依頼数 対応エリア 匿名 特徴
SUUMO不動産売却詳細はこちら 約2,000社 10社 全国 OK 60秒入力で無料一括査定ができる
すまいValue詳細はこちら 大手6社 6社 全国 OK 一度の査定で大手6社の査定額がわかる
イエウール詳細はこちら 全国2000社以上 6社 全国 不可 売却成立サポート件数年間20万件突破で初心者でも利用しやすい
RE-Guide詳細はこちら 900社以上 10社 全国 OK 運営17年目の老舗サイトで信頼性がある
HOME4U詳細はこちら 約1,800社 6社 全国 OK 厳選1,800社と提携している
いえカツLIFE詳細はこちら 約500社 6社 一都三県の東京、埼玉、神奈川、千葉 OK 一度に3つの売却方法比較も可能

【ドラッグすると左右にスクロールできます】

皆さんも聞いたことがあるような大手もあれば、家を売ると決めて初めて知ったという一括査定サイトもあるでしょう。

ネットで簡単に一括査定ができるので、気になるところがあれば使ってみてください。

SUUMO不動産売却は60秒入力で無料一括査定ができる

SUUMO不動産売却の特徴をまとめた画像

SUUMO不動産売却の特徴は、60秒で無料一括査定ができる点です。

記入すべき項目が多いのではないか、結果が出るまで時間がかかるのではないかと思うかもしれませんが、実はそのようなことはありません。

簡易査定である点を理解して行うなら、素早く結果がわかるので大変便利です。

SUUMO不動産売却を実際に使用中の様子

他の不動産一括査定サイトと違って提携会社数と、最大同時依頼数が多いというメリットがあります。

最大同時依頼数が10社もあれば、比較検討で最もお得な不動産会社がわかります。

多くの不動産会社を比較したいならSUUMO不動産売却がおすすめです。

また、テレビCMでもSUUMO不動産売却は有名で、よく目にしているため安心感を抱いている方も多くいらっしゃいます。

SUUMO不動産売却
公式サイトはこちら
提携会社数 約2,000社
最大同時依頼数 10社
対応エリア 全国
匿名 OK
特徴 60秒入力で無料一括査定ができる
サービス運営歴 14年
運営会社 株式会社リクルート住まいカンパニー
一括査定可能な種類
  • 土地
  • 一戸建て
  • マンション

SUUMOの口コミや評判を紹介

SUUMOの口コミについて紹介します。

SUUMO不動産売却を利用することを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 「初めてガイド」がかなり役に立ちました。初心者向けの情報が非常に多い。
    40代/男性
  • 一括査定を行う前に不動産会社の過去の実績を確認することができたので、自分の物件がこの不動産会社で売れるのか判別できたのが良かった。
    30代/女性
  • SUUMOは提携している会社の数も多く、同時に10社も依頼を出すことができたので、いろんな不動産会社を比較できました。
    希望の売却額で売却できたので満足です。
    50代/男性

SUUMOと他社の不動産一括査定サイトの違い

SUUMOの他社との違いは提携社数と同時依頼数の多さです。

提携社数は2000社であり、同時依頼数は20社となっており、両方の数で業界でも水準が高く、他社に比べて突出した多さとなっています。

SUUMO不動産販売 他社の一括査定サイト
提携社数 約2000社 6~2000社
同時依頼数 10社 1~10社

提携社数と同時依頼数のどちらかでSUUMO不動産販売と同じ水準の一括査定サイトは存在しますが、両方で同水準のサイトはありません。

提携社数が多いことで、より多くの不動産会社から査定してもらう会社を選択することができます。

そして、同時依頼数が多いことでより多くの会社に査定してもらうことができるので、しっかりと比較でき、より納得できる不動産会社に依頼することが可能です。

提携社数と同時依頼数の多さがSUUMO不動産販売の特徴です。

SUUMO不動産売却とイエウールの特徴比較

SUUMO不動産売却で一括査定申込

すまいValueは一度の査定で最大6社の査定額がわかる

すまいValueの特徴をまとめた画像

すまいValueの特徴は、小田急不動産・住友不動産販売・東急リバブル・野村の仲介Plus・三井のリハウス・三菱地所ハウスネットの大手6社から査定額や回答を受け取れることです。

一戸建てだけでなく、マンション、一戸建て、土地、ビル、アパートなどの不動産の売却にも対応しています。

年間12万件以上(2021年度)もの売買仲介取引を成約している実績・経験があるため、安心して利用できます。

より多くの購入希望者に見てもらえるようノウハウを活用してくれるため、早期成約にもつながる点は大きなメリットでしょう。

すまいValueを実際に使用中の様子

すぐにでも家を売りたいと考えても、売却活動を行って買主が現れるまでには時間がかかります。

しかし、すまいValueならその経験と実績でスピーディーな成約につながる可能性が高いです。

すまいValue
公式サイトはこちら
提携会社数 大手6社
最大同時依頼数 6社
対応エリア 全国
匿名 OK
特徴 一度の査定で大手6社の査定額がわかる
サービス運営歴 7年
運営会社
  • 小田急不動産株式会社
  • 住友不動産販売株式会社
  • 東急リバブル株式会社
  • 野村不動産ソリューションズ株式会社
  • 三井不動産リアルティ株式会社
  • 三菱地所ハウスネット株式会社
一括査定可能な種類
  • 土地
  • 一戸建て
  • 分譲マンション(一室)
  • ビル(一棟)
  • マンション(一棟)
  • アパート(一棟)

すまいValueの口コミや評判を紹介

すまいvalueの口コミについて紹介します。

すまいvalueの利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

  • すまいvalueは大手6社しか提携していないから、悪徳な不動産会社に出会うことはなかった。
    30代/男性
  • 申し込みフォームがとても単純で簡単。
    1分ほどで査定依頼を行うことができたので、忙しい私にとってはありがたいサイトでした。
    30代/女性

すまいValueと他社の不動産一括査定サイトの違い

すまいValueと他社の不動産一括査定サイトの違いを比較

すまいvalueの他社との違いは何といっても大手6社に査定依頼を出すことができるという点です。

初心者の方であれば査定額が本当なのか不安に思うこともあるかと思います。

すまいvalue 他社の一括査定サイト
大手6社
(悪徳不動産会社の心配なし)
大手から中小まで様々
(悪徳不動産会社が含まれる可能性あり)

特に中小の不動産会社であれば、普通に生活していれば聞かないような会社がほとんどです。

ですがすまいvalueであれば、大手6社への依頼しか行っていないため、悪徳な不動産会社を心配する必要はなくなります。

また、大手不動産会社であれば、買主からしても信頼出来て、買主がすぐに見つかりやすいという利点もあります。

知名度のある不動産会社での売買にこだわっている方にはおすすめです。

すまいValueがおすすめの理由を図解

すまいValueで一括査定依頼!

イエウールは売却成立サポート件数が年間20万件以上ある不動産一括査定サイト

イエウールを実際に使用中の様子

イエウールの特徴は、不動産の売却成立サポートが充実していることです。

査定の依頼・結果確認から不動産会社比較までしっかりサポートしてくれるので、初めての方でも気軽に利用できます。

クレーム数の少ない企業を優先的に集めているため、悪質な不動産会社に騙される心配はありません。

信頼できる会社のみを厳選しているため、査定・商談の際にトラブルが発生する可能性も少ないです。

イエウールはクレームが多い不動産会社は掲載していない

またイエウールは、全国2000社以上の不動産会社と提携を行っています。

最短60秒で不動産査定を申請できるので、不動産の早期売却を考えている方にもおすすめです。

不動産会社の比較から、商談・取引成立までの期間を最小限に抑えられます。

売り手がつきにくい古い物件や、建築年数が多い物件なども査定することが可能です。

イエウール
公式サイトはこちら
提携会社数 全国2000社以上
最大同時依頼数 6社
対応エリア 全国
匿名 不可
特徴 売却成立サポート件数年間20万件突破で初心者でも利用しやすい
サービス運営歴 9年
運営会社 株式会社Speee
一括査定可能な種類
  • 土地
  • 一戸建て
  • 分譲マンション(一室)
  • 一棟アパート・マンション
  • 区分マンション(収益)
  • 一棟ビル
  • 区分所有ビル(一室)
  • 店舗・工場・倉庫
  • 農地

イエウールの口コミや評判を紹介

イエウールの口コミについて紹介します。

イエウールの利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

申し込みは物件の種類・都道府県名・市町村名・町名の4種類を入力して、無料査定スタートのボタンをクリックするだけで簡単でした。
50代/男性

悪徳業者を完全ブロックしていて安心して利用することができました。複数の不動産業者から似たような査定結果が出て迷ってしまったのですが、急かされることもなくじっくり検討することができたのでよかったです。
40代/女性

イエウールと他社の不動産一括査定サイトの違い

イエウールと他社の対応する一括査定項目の比較

イエウールと他社の不動産一括査定サイトの違いは対応している物件の種別が多いということです。

対応物件の種別

  • 一戸建て
  • マンション
  • 土地
  • 店舗や事務所
  • マンション1棟
  • アパート1棟
  • ビル1棟
  • ビル1室
  • 農地

様々な物件の一括査定に対応しているため、個人所有している物件だけでなく、法人の所有している物件も査定できるのが強みです。

他社で査定してもらえない物件もイエウールでは査定してもらえるため、一度検討してみてください。

RE-Guideは17年間のサイト運営実績があるため信用しやすい

RE-Guideの特徴は、不動産一括査定サイトとして17年の運営実績があることです。

数多くの不動産査定を取り扱ってきた実績があるので、信頼性はとても高いといえます。

提携する不動産会社の選別にもこだわっており、参加しているのは独自審査を通過した会社だけです。

初めて不動産一括査定サイトを利用する方でも、安心して利用できるでしょう。

RE-Guideを実際に使用中の様子

またRE-Guideは、一度に最大10社の不動産会社へ査定を依頼できます。

複数社の査定結果を比較することで、査定額が最も高い不動産を簡単に見つけることが可能です。

サイト上には、実際に不動産一括査定を依頼した人達の口コミ・評価も公開されています。

RE-Guide
公式サイトはこちら
提携会社数 900社以上
最大同時依頼数 10社
対応エリア 全国
匿名 OK
特徴 運営17年目の老舗サイトで信頼性がある
サービス運営歴 17年
運営会社 株式会社ウェイブダッシュ
一括査定可能な種類
  • マンション
  • 一戸建て
  • 土地
  • ビル
  • 事務所
  • マンション一棟
  • アパート一棟
  • 事務所・ビル一棟

RE-Guideの口コミや評判を紹介

RE-Gudieの口コミについて紹介します。

RE-Guideの利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

いくつか良い会社があり迷いましたが、中でもとても真摯に対応してくれた担当者がいたRE-Gudieに決めました。

販売状況なども教えてくれたので、安心して任せられました。
50代/女性

複数の査定から検討できました。
結果として、最も高値で査定してくれた会社を選べました。
40代/男性

不動産売買のことだけじゃなく、費用や税金のことも教えてくれた。
30代/女性

RE-Guideと他社の不動産一括査定サイトの違い

RE-Guideと他社の不動産一括査定サイトの違いは長年運営したことで蓄積されたノウハウがあるということです。

他社に比べて運営実績があるため、不動産売却に関するノウハウが蓄積されています。

RE-Guide 他社平均
17年 約10年

また、特に売却の一括査定依頼に関する情報だけでなく、それに伴う費用や税金に関する情報も知ることができます。

より利用者が知りたい情報や、初心者が知っておくべき情報をわかっているのは、長年運営してきた経験からだと言えるでしょう。

査定だけでなく、売却に関する費用なども詳しく知りたいという方はRE-Guideがおすすめです。

HOME4Uは厳選1800社と提携している不動産一括査定サイト

HOME4Uは、プライバシーマークを取得しており、個人情報保護の姿勢を明確にしている不動産一括査定サイトです。

提携しているのは厳選された企業のみですから、単に数を多くしているわけではありません。

独自の審査基準を設けることにより、悪質な不動産会社を排除しています。

せっかく査定をしてもらうなら、実績があり信頼できるところが良いので、これなら安心です。

HOME4Uを実際に使用中の様子

また、NTTデータグループが運営する一括査定サイトであるため、サイトの安全性にも定評があります。

官公庁・銀行などでも採用されているセキュリティシステムで、個人情報を安全に管理・保護することが可能です。

HOME4U
公式サイトはこちら
提携会社数 約1,800社
最大同時依頼数 6社
対応エリア 全国
匿名 OK
特徴 厳選1,800社と提携している
サービス運営歴 22年
運営会社 株式会社NTTデータ・スマートソーシング
一括査定可能な種類
  • マンション一室
  • 一戸建て
  • 土地
  • ビル一室
  • 店舗・事務所・倉庫
  • マンション一棟
  • アパート一棟
  • ビル一棟

HOME4Uの口コミや評判を紹介

HOME4Uの口コミについて紹介します。

HOME4Uの利用を検討されている方は是非参考にしてみてください。

HOME4Uのノウハウ本と完全ガイドがすごい良い!
40代/女性

NTTが運営しているからサービスには安定感があった。
50代/男性

HOME4Uと他社の不動産一括査定サイトの違い

HOME4Uと他社の不動産一括査定サイトの違いは運営会社がPマークを取得しているという点です。

Pマークとは個人情報の保護が適切に行われている企業に付与されるもの

プライバシーマークの図解

個人情報を入力するのは、情報の保護はしっかりと行われているのか不安になる方もいるかと思います。

また、個人情報が漏洩し、悪用される事例があることも事実です。

ですが、HOME4Uであれば個人情報の取り扱いが適切だと認められているため、情報漏洩の心配は軽減できます。

個人情報について不安な方は、HOME4Uがおすすめです。

いえカツLIFEは一度に3つの売却方法比較も可能

いえかつLIFEの優れているところは、一度に3つの売却方法を比較できることです。

いえかつLIFEは、提携会社数が約500社と、他の不動産一括査定サイトの約1,000社~約2,000社と比較すると提携不動産が少ないという印象を持ったかもしれません。

いえカツLIFEを実際に使用中の様子

しかし、対応エリアは一都三県の東京、埼玉、神奈川、千葉に限定されているため、提携不動産が少なく見えるだけです。

地域を絞ることによってよりそのエリアのスペシャリストとなれる点が、一都三県に住んでいる方にとってはメリットとなります。

また、弁護士への相談が可能な点も利用者から評判が良いところです。

いえカツLIFE
公式サイトはこちら
提携会社数 約500社
最大同時依頼数 6社
対応エリア 一都三県の東京、埼玉、神奈川、千葉
匿名 OK
特徴 一度に3つの売却方法比較も可能
サービス運営歴 11年
運営会社 株式会社サムライ・アドウェイズ
一括査定可能な種類
  • 分譲マンション
  • 一戸建て
  • 土地
  • アパート(一棟)
  • マンション(一棟)
  • 投資マンション(1R/1K)
  • ビル(一棟)
  • 区分所有ビル(一室)
  • 店舗・工場・倉庫
  • 農地

いえカツLIFEの口コミや評判を紹介

いえカツLIFEの口コミについて紹介します。

いえカツLIFEの利用を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

弁護士に無料相談できるのがいい!相続でも苦労なく売却できた。
40代/女性

丁寧に対応していただき、担当者の方も親切でした。
50代/男性

いえカツLIFEと他社の不動産一括査定サイトの違い

いえカツLIFEと他社の不動産一括査定サイトの違いは弁護士がサポートしてくれる点です。

いえカツLIFEは弁護士サポートに対応

不動産売却を行う理由には様々あり、相続や離婚などが理由で不動産売却を行う方もいるかと思います。

相続などで複数の相続人がいる場合など、売却をめぐってや金銭面でトラブルになりかねません。

ですがいえカツLIFEであれば専門家にサポートしてもらえるため、スムーズに売却を進めることができます。

ポイント

いえカツLIFEは弁護士に無料相談が可能

相続や離婚などトラブルが起きそうな場合はいえカツLIFEがおすすめです。

マンション査定に特化した不動産一括査定サイトのおすすめ3選

マンション売却の比較材料を図解

次はマンション査定に強い不動産一括査定サイトを3つご紹介していきます。

売りたい不動産が一戸建てでなくマンションである場合は、マンションに特化したサイトの方が情報が多くおすすめです。

それぞれの特徴を見極め、どこのサイトで一括査定をするか決めましょう。

不動産一括査定サイト 提携会社数 最大同時依頼数 対応エリア 匿名 特徴
マンションナビ詳細はこちら 2,500店舗 9社 全国 不可 マンション専門で、マンションの売却に強い不動産会社が揃っている。
マンションマーケット詳細はこちら 非公開 10社 全国 OK 最大で6人の不動産エージェントを選択可能
ズバット不動産売却詳細はこちら 84社 6社 全国 OK 20年以上も比較サイトを運営している実績あり

【ドラッグすると左右にスクロールできます】

表を確認すると、提携会社数や最大同時依頼数がそれぞれ異なるので、選択肢を最初から絞りたいのか、それともより多くの結果が見たいのかで選んでみましょう。

マンションナビは提携会社数2500店舗のマンション売却に強い一括査定サイト

創業者は元不動産営業マンで、知識豊富な業界経験者が在籍しており不動産会社からの信頼も厚いサービスです。

相場を知るにはそのために必要な情報が不可欠ですから、信頼が厚いというのは安心材料となるでしょう。

正確性が高くなれば、訪問査定後の結果と簡易査定の結果がそこまで大きくずれるケースもなくなります。

マンションナビを実際に使用中の様子

提携会社数も約2,500社あり、その中から自分に合った会社を選べるのがメリットです。

特に中古マンションの売却に特化しているので、住んでいるマンションの売却を検討している方向けとなります。

また、賃料査定もできるので、賃貸経営を考えている人にもおすすめです。

チャット形式で簡単に査定依頼ができるので、お気軽にお試しください。

マンションナビ
公式サイトはこちら
提携会社数 2,500店舗
最大同時依頼数 9社
対応エリア 全国
匿名 不可
特徴 マンション専門で、マンションの売却に強い不動産会社が揃っている。
サービス運営歴 12年
運営会社 マンションリサーチ株式会社
一括査定可能な種類 マンション

マンションナビの口コミや評判を紹介

マンションナビの口コミについて紹介します。

マンションナビの利用を検討している方はぜひご検討ください。

他のサイトでは営業電話が来ると聞きましtが、マンションナビでは営業電話はありませんでした。
50代/女性

AI査定に驚きました!簡単な情報しか入れてないのに正確な査定で満足です。
40代/男性

マンションナビと他社の不動産一括査定サイトの違い

ビッグデータを利用した、最新鋭のAI査定を行っている。

マンションの築年数や住所などの基本情報を入力すると、過去の取引や相場などを用いてAIが査定額を算出します。

ポイント

ITテクノロジーを活用したAI査定

AIが査定を行っているため、悪徳な不動産会社の心配をする必要はないです。

また、不動産会社に依頼を行うわけではないので営業電話がかかってくることもありません。

マンションの売却を考えていて、AI査定に興味がある方は一度利用してみると良いかと思います。

マンションマーケットは最大6人の不動産エージェントを選べる

マンションマーケットの良いところは、最大で6人の不動産エージェントを選べる点です。

特に初めて不動産を売却するとなると、専門的なところは素人ではわからない部分も多いです。

大きなお金が動く取引ですから、プロにサポートしてもらえるなら大変ありがたいです。

マンションマーケットを実際に使用中の様子

さらに、マンションごとの相場価格や取引価格、不動産エージェントの実績やレビューも閲覧することができます

大手不動産会社で経験を積んだエージェントや、地域特化のエージェントなども在籍しています。

不動産エージェントを選ぶ際に必要な情報は出ているので、気になる方を指名してみましょう。

毎月50万人以上が利用していて実績も豊富なので、安心して使えます。

マンションマーケット
公式サイトはこちら
提携会社数 非公開
最大同時依頼数 10社
対応エリア 全国
匿名 OK
特徴 最大で6人の不動産エージェントを選択可能
サービス運営歴 9年
運営会社 株式会社マンションマーケット
一括査定可能な種類 マンション

マンションマーケットの口コミや評判を紹介

マンションマーケットの口コミについて紹介します。

マンションマーケットの利用を検討されている方は是非参考にしてみてください。

エージェントを自分で選ぶことができ、専門的なことも親切に教えてくれました。
40代/女性

売却も行ってもらうことができるので手間がかからなかった。
50代/男性

マンションマーケットと他社の不動産一括査定サイトの違い

マンションマーケットと他社の不動産一括査定サイトの違いは、大手から地域密着の会社まで様々な経験を持ったエージェントを自分で選べるという点です。

大手不動産会社 地域密着型
不動産会社としての総合的なノウハウを持っている そのエリアに関する情報に強い

大手不動産会社の経験があるエージェントと地域密着型不動産会社の経験があるエージェントで査定額を比較することができます。

そのため、マンションマーケットでは様々な角度で査定額を比較することができます。

より正確な査定額を求める方にはマンションマーケットはおすすめです。

ズバット不動産売却は20年以上比較サイトを運営している実績がある

ズバット不動産売却は、2022年に対応エリアを全国に拡大しました。

提携会社数が少ないのはこれから地域密着型から全国型へ変化している最中の数字となります。

もともと地域密着型でエリアを絞った検索を得意としているので、より親身で細かなサービスを受けたい場合におすすめです。

一都三県と、関東エリアを中心にしていたため、このエリアに住んでいる方は一見の価値ありです。

ズバット不動産売却を実際に使用中の様子

比較サイトを20年以上も運営しているベテランであるのもメリットです。

マンションだけでなく土地の査定もできるので、土地の売却を検討している方にもおすすめできます。

ズバット不動産売却
公式サイトはこちら
提携会社数 84社
最大同時依頼数 6社
対応エリア 全国
匿名 OK
特徴 20年以上も比較サイトを運営している実績あり
サービス運営歴 3年
運営会社 株式会社ウェブクルー
一括査定可能な種類
  • マンション
  • 戸建て
  • 土地
  • マンション(一棟)
  • アパート(一棟)
  • ビル(一棟)

ズバット不動産売却の口コミや評判を紹介

ズバット不動産売却の口コミについて紹介します。

ズバット不動産売却を利用しようか検討している方は参考にしてみてください。

売却時の手取り額をシミュレーションできたので、売却の想像がつきやすかった。
50代/男性

エリアごとの相場価格を無料で知れるので、適切な査定かわかりやすかった!
30代/女性

ズバット不動産売却と他社の不動産一括査定サイトの違い

ズバット不動産売却と他社の不動産一括査定サイトの違いは無料で利用できるサポートが多い点です

無料サポート

  • 手取り額を知れるシミュレーター
  • エリアの相場を知れる

上記2つが特に他社にはないズバット不動産売却の特徴です。

手取り額を知れるシミュレーターでは、売却後にいくら残るのかがわかるため、より現実的に売却を考えることができます。

また、エリアの相場を知れることでより不動産会社の査定価格を比較しやすくなります。

情報をしっかりと得たうえで売却したい方にはズバット不動産売却はおすすめです。

AI査定できる不動産一括査定サイトのおすすめ3選

不動産一括査定サイトの中には、AIによる査定ができるサイトもあります。

AIなので査定結果が早く出るのが特徴です。

AIによる不動産査定とは

今回は、AIによる不動産一括査定サイトを3つピックアップしたので、以下の表で概要をご確認ください。

不動産一括査定サイト 提携会社数 最大同時依頼数 対応エリア 匿名 特徴
HowMA!詳細はこちら 30社 6社 全国 OK 匿名ですぐに査定できる
イエシル詳細はこちら 非公開 4社 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県 OK 約9000万件の情報から価格査定が可能
10秒でDo!詳細はこちら 不明 1社(ハウスドゥ) 全国 不可 約10秒でAIによる査定が可能

【ドラッグすると左右にスクロールできます】

AI査定の精度は、AIが今までに培ってきたデータ数や、AIそのものの精度によるところが大きいです。

人が直接調べるわけではないので、あくまで目安として価格を知りたい方向けでしょう。

中にはサイトではなくアプリとして活用できるものもあるので、スマホを使って隙間時間に査定をしたい場合におすすめです。

HowMA!は匿名で瞬時に査定できる

HowMA!の良いところは、匿名で査定ができる点です。

個人情報を記入するのに抵抗がある方におすすめです。

3900万件以上の査定実績があり、それだけのビッグデータがあれば、AI査定でも実際の査定額に近い精度が出ると思われます。

HowMA!を実際に使用中の様子

一戸建てもマンションも査定が可能で、日本全国の世帯数約95%をカバーしています。

自分の家が対象外だったケースもほとんどありません。

査定から売り出しまでオンラインで完結できるので、対面でのやりとりが苦手な方は利用する価値があるでしょう。

インターネットを使うことによって効率的に売り出すことができるので、仕事や育児などで時間がなく、忙しい方に人気が高いです。

HowMA!
公式サイトはこちら
提携会社数 30社
最大同時依頼数 6社
対応エリア 全国
匿名 OK
特徴 匿名ですぐに査定できる
サービス運営歴 8年
運営会社 株式会社コラビット
一括査定可能な種類
  • マンション
  • 一戸建て

HowMA!の口コミや評判を紹介

HowMA!の口コミについて紹介します。

HowMA!の利用を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

匿名で査定できたので、営業などのその後の心配もなく良かったです。
50代/男性

オンラインで売り出しまでできたので、忙しくても売却できた!
30代女性

HowMA!と他社の不動産一括査定サイトの違い

HowMA!と他社の不動産一括査定サイトの違いは匿名で査定を行うことができる点です。

匿名で一括査定を行えるということには以下のようなメリットがあります。

匿名で査定ができる 匿名で査定できない
情報漏洩の心配がない
営業電話がかかってこない
情報漏洩が起こる可能性がある
営業電話がかかってくる

もちろんしっかりと個人情報を打ち込む査定サイトにもメリットはあります。

ですが、気軽に査定したいという方には匿名査定の方が受けるメリットは大きいです。

情報漏洩を心配している方や、営業電話が嫌な方は検討してみてください。

イエシルは約9000万件の情報から部屋ごとの価格査定が可能

イエシルはたくさんの情報を持っており、部屋ごとの価格査定ができるため、より詳細な情報を得ることができます。

査定に対応しているのは区分マンションですので、マンションの売買を検討している方向けのサイトです。

東証一部上場企業である株式会社リブセンスが運営しています。

2015年8月にサービスを開始している、比較的新しい不動産一括査定サイトです。

イエシルを実際に使用中の様子

もしAIだけでの査定が不安であれば、個別相談会で売却について相談できますので、デジタルとアナログの良いところを得られます。

その際、希望に合う営業担当者を紹介してもらえるため、相性が悪かったらどうしようと不安も解消できるでしょう。

イエシル
公式サイトはこちら
提携会社数 非公開
最大同時依頼数 4社
対応エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
匿名 OK
特徴 約9000万件の情報から価格査定が可能
サービス運営歴 8年
運営会社 株式会社リブセンス
一括査定可能な種類 マンション

イエシルの口コミや評判を紹介

イエシルの口コミについて紹介します。

イエシルの利用を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

わからないことはオンライン相談で専門家に相談できたので、すぐに売却できた
30代/女性

ビッグデータ査定で、リアルタイムの査定をしてもえた。
依頼自体も簡単なので、とりあえず依頼するのもいいかも。
40代/女性

イエシルと他社の不動産一括査定サイトの違い

イエシルと他社の不動産一括査定サイトの違いはオンライン相談で不動産専門家に相談できるという点です。

イエシル 他社の査定サイト
オンライン相談で専門家に相談できる 本屋インターネットで勉強しなければならない

他社ではわからないことがあれば、本やインターネットを使って自分で勉強しなければいけません。

ですがイエシルでは専門家に直接相談することができるので、知識がなくても心配ありません。

不動産に関する知識に自信がない方はイエシルがおすすめです。

10秒でDo!は10秒程度でAIによる査定ができる

10秒でDo!は、ハウスドゥに査定を依頼できるアプリです。

ハウスドゥは東証PRM上場、フランチャイズ店舗数は全国に700店舗以上あります。

スマホにインストールして、いつでも好きなときに10秒程度で査定が可能です。

査定結果までの内容を3件まで保存可能ですので、あとで比較するために記録として残しておけます。

10秒でDo!を実際に使用中の様子

AIは、過去の事例を元に査定を行います。

このときに必要となるのは不動産の住所や面積、築年数などの情報と個人情報です。

匿名では利用できませんが、10秒でパパッと瞬時に査定できる便利さは多くの人から支持されています。

10秒でDo!
公式サイトはこちら
提携会社数 不明
最大同時依頼数 1社(ハウスドゥ)
対応エリア 全国
匿名 不可
特徴 約10秒でAIによる査定が可能
サービス運営歴 不明
運営会社 株式会社ハウスドゥ
一括査定可能な種類
  • 土地
  • 戸建て
  • マンション

10秒でDo!の口コミや評判を紹介

10秒でDo!の口コミについて紹介します。

10秒でDo!の利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

査定結果が保存できたので、比較はしやすいサイト。
50代/男性

担当者さんが本当に親切でした。後から見るとフランチャイズと知ったので驚き。
50代/女性

10秒でDo!と他社の不動産一括査定サイトの違い

10秒でDo!と他社の不動産一括査定サイトの違い査定の早さです。

10秒でDo! 他社の査定サイト
約10秒 約60秒

不動産売却を考えている方の中には、忙しく時間がない方もいるかと思います。

そんな方でも10秒でDo!であれば、すぐに結果が出るので査定できるのではないでしょうか。

時間がない方には、すぐに査定結果の出る10秒でDo!がおすすめです。

不動産一括査定サイトを選ぶ際に気を付けたいポイント

不動産一括査定サイトを選ぶ際に意識すべきポイントは以下の4点です。

不動産一括査定サイトおすすめを選ぶ重要なポイント

不動産一括査定サイトを選ぶポイント

  • 幅広い不動産会社と提携しているかどうか
  • ユーザーにとって必要な情報を発信しているかどうか
  • 得意としている物件が自分の売却したい物件と一致しているか
  • 対応エリアがどこであるのか

不動産一括査定サイトとは言っても、サイトの数は多く存在します。自分が売却したいと考えている物件と条件があっていない場合や、優れている不動産一括査定サイトではなかった場合、損をしてしまう可能性があります。売却するなら、最大限の利益を得たいと考えいているはずです。利益を最大化するために上記にまとめた選ぶ際のポイントを意識して、不動産一括査定サイトを選ぶようにしましょう。

おすすめの不動産一括査定を選ぶ際に参考にしたい図解

幅広い不動産会社と提携しているかどうか

幅広い不動産会社と提携していることを表した画像

不動産一括査定サイトを選ぶ際、幅広く、多数の不動産会社と提携しているかは重要なポイントです。

多くの不動産会社と提携しているということは、より多くの査定を行ってもらうことができるので、比較しやすくなります。

また、提携している不動産会社の幅が広いことも重要です。

大手不動産会社と中小不動産会社のメリット比較

大手の不動産会社であれば、知名度の高さから簡単に買主を見つけることが可能です。

しかし、中小の不動産会社であっても、地域密着型で大手よりも自分の売却したい地域について詳しい場合があるなど、大手でも中小でもどちらにもメリットはあります。

そのため、大手から中小まで幅広い不動産会社と提携している不動産一括査定サイトであれば、最大限の利益を得られる可能性は高まります。

ユーザーにとって必要な情報を発信しているかどうか

ユーザーにとって必要な情報を発信しているのかということは、不動産一括査定サイトを選ぶうえで重要な指標です。

不動産の売却を考えている方であっても、不動産売却に関する知識を十分に持っている方は少ないかと思います。

口コミや評価、初心者でも利用しやすいような情報を掲載している不動産一括査定サイト

そのため、利用者の口コミや評価、初心者でも利用しやすいような情報を掲載している不動産一括査定サイトは、ユーザー目線の良いサイトであるということができます。

逆に、目先の利益だけを求めて、初心者向けの情報や利用者の口コミなどを一切掲載していないサイトも存在しているのが事実です。

ユーザーにとって不親切なサイトが一概に悪いサイトや、悪徳なサイトであるとは言えませんが、不親切であることに変わりありません。

実際に不動産一括査定サイトを選ぶ際は、ユーザーにとって有益となる情報をしっかりと掲載できているかを確認したうえで選ぶようにしましょう。

得意としている物件が自分の売却したい物件と一致しているか

不動産一括査定サイトおすすめを選ぶ重要なポイント3

得意としている物件が自分の売却したいと考えている物件と一致しているのか必ず確認するようにしましょう。

サイトによって、取り扱いが得意な物件は異なります。

不動産一括査定会社それぞれに得意とする物件の種類があることを表した画像

例えば、マンションの取り扱いを得意としているサイトや、戸建ての取り扱いを得意としているサイト、事業用物件の取り扱いを得意としているサイトなどがあります。

仮に戸建ての売却を考えている場合、利益を最大化するためには戸建ての取り扱いを得意としている、不動産一括査定サイトに依頼するべきです。

不動産一括査定サイトに売却を行う際、そのサイトがどの物件の取り扱いを得意としているのかを把握していなければ、損をしてしまう可能性があります。

物件の条件と合っているサイトを探す

そのため、一括査定サイトに依頼する際は、そのサイトがどの種類の物件を得意としているのかを必ず確認するようにしましょう。

対応エリアがどこであるのか

不動産一括査定サイトおすすめを選ぶ重要なポイント4

不動産一括査定サイトを選ぶ際は、そのサイトの対応エリアや得意としているエリアがどのエリアであるのかを確認することも重要です。

不動産一括査定の中にも、全国に対応しているサイトや都市部に対応しているサイト、郊外をに対応しているサイトなどがあります。

それぞれの業者で得意とするエリアがあることを表した画像

また、全国対応と記載されていても実際には対応していないエリアがあるというサイトもしばしば存在します。

そのため、自分の売却したいと考えているエリアが対応しているのかを確認しなければ、せっかく査定依頼を出しても、査定してもらえない可能性があります。

依頼から査定までスムーズに進めるために、自分が売却したいと考えている物件が対応エリアであるのか確認しましょう。

不動産一括査定サイトを利用するメリット

不動産一括査定サイトを利用するメリット

不動産一括査定サイトを利用するメリットはたくさんありますが、中でも大きなメリットは以下の4つではないでしょうか。

査定は、自分が決めた一社のみに最初から絞って行うこともできます。

しかし、一社のみの査定であれば、他により良いところがあっても気付かないので、損をしてしまいます。

一括で査定をしてもらい、その中から徐々に絞り込んでいく方法がおすすめです。

また、手間をかけずに査定ができる点は、忙しい人にぴったりです。

家の中で寝転びながらでも査定

家の中で寝転びながらでも査定できますし、出先でスマホを使って隙間時間を利用できます。

複数社から査定を受けることで査定額の相場がわかる

複数社から不動産一括査定を受けた場合のグラフ画像

不動産一括査定サイトを利用するメリットは、複数社から査定で査定額の相場がわかることです。

1社だけではリスクがあるとも言えるでしょう。

なぜなら、その会社が優良とは言えない悪質な会社だった場合に、良い取り引きができないからです。

また、自分で不動産会社を探して売却をする際に、不動産に関する知識がないと少々リスクがあるのでは?

不動産に関する知識がない不安な人

そのように不安に思う方もいらっしゃるかと思います。

しかし、複数社から査定を受けて、価格の比較によって、より納得できる契約ができます。

最大同時依頼数が多いところもあるので、希望する数だけ査定をしてもらいましょう。

手間をかけることなく査定できる

不動産一括査定サイトを利用すれば、手間をかけずに査定してもらえます。

もし、不動産一括査定サイトを使わずに不動産会社に査定してもらうとなると、結構時間と労力がかかります。

不動産一括査定サイトを使わないと・・・

まず、自力で優良な会社を見つけるには、ネットだけではわからない情報もあるため、時間を要します。

公式サイトでは自社の悪いところは書かないことが多いので、あらゆる媒体から情報を得る必要があるでしょう。

不動産会社を見つけたあとは問い合わせをし、簡易査定からしてもらい、訪問査定へと移ります。

一括査定なら、自分で調べなくても簡単に査定できるところがメリットです。

不動産一括査定を行うことで時間をかけずスピーディに査定ができる【最短60秒】

スピーディ査定

不動産一括査定は専門の業者に依頼することで、時間も手間もかけずにスピーディに査定ができます。

通常の不動産査定では、個人で一社ずつ業者を探して依頼すると時間も手間もかかってしまいます。

複数の業者から査定結果を取らないと不動産の相場が分からない中で、利用しないのは損です。

売却したい不動産があるなら、一括査定を依頼することがおすすめです。

不動産一括査定業者の中には、最短60秒で査定結果を出してくれる会社もあるので、ぜひ有効活用しましょう。

不動産の一括査定は基本的に無料で査定ができる

多くの場合、不動産一括査定は無料で行うことができます。

不動産鑑定士に査定依頼すると有料

不動産鑑定士という国家資格を持つ人に不動産査定を依頼すると有料になりますが、不動産会社が行う査定は基本的に無料です。

不動産会社の査定は、仲介契約を締結して得られる手数料を収益源としています。

一括査定を依頼する段階では仲介契約は結ばれていないので、不動産会社に金銭を支払うことはありません。

一括査定を依頼する段階では金銭を支払うことはありません

そのため、不動産一括査定は1社に絞らず複数社に依頼することがおすすめです。

複数社に依頼すると幅広い業者の査定額を知ることができるので、より適正な相場を把握できます。

不動産一括査定サイトを利用するデメリットや注意点

不動産一括査定サイトは便利ですが、実は利用する際のデメリットや注意点も存在します。

デメリットや注意点を知った上で不動産一括査定を行ったほうがいいので必ず一読することをお勧めします。

不動産一括査定のデメリットや注意点についてはこちらの記事でも紹介しております。

不動産一括査定のデメリットと注意点は?依頼前に確認したい対策を解説

不動産一括査定サイトを利用する際に知っておきたいデメリット

不動産一括査定サイトのデメリット

不動産一括査定サイトのデメリットについては以下の点には注意しましょう。

サイトによっては、営業電話がかかってくる可能性もあります。

電話番号を記入しなくてはならないサイトは電話がかかってくることを理解した上で申し込みをしましょう。

また、どうしても電話を避けたいのであれば元から個人情報を記入しなくてもいい匿名でも利用できる不動産一括査定サイトを使用しましょう。

営業電話がかかってくることがある

電話でうんざりしている人

複数社から営業電話がかかってくることを避けるなら、一度に依頼する会社数は多すぎないように注意しましょう。

依頼する会社が多いほど比較対象は多くなりますが、その反面多くの会社から営業電話を受けることも多くなります。

最大同時依頼数は不動産一括査定サイトによって異なりますが、多いところであれば10社程度あります。

もし、10社中その半分から営業電話がかかってきたとしたら、迷惑に感じる方も多いのではないでしょうか。

不要な電話を受け取らないようにするためにも、依頼する会社の数は減らしておくと良いかもしれません。

査定を受けることができない地域もある

一括査定サイトのエリアについて

不動産一括査定サイトによっては、全国規模でなく対応エリアが限定されている場合もあります

ということは、自分が住んでいるエリアには対応していない場合、利用ができないということです。

不動産一括査定サイトを利用するのであれば、最初に対応エリアを調べて利用可能かをチェックしておきましょう。

不動産一括査定サイトの傾向としては、全国規模のものと、一都三県など首都圏に限定したものが多いです。

首都圏に住んでいるならどちらも選べますが、そうでなければ全国規模のサイトか、地域密着型のサイトを選びましょう。

査定額=売却額ではないことが多い

一括査定で提示された査定額はおおよその標準価格

不動産一括査定で提示された査定額は、そのまま売却額にならないことが多いです。

不動産会社は不動産そのものの価値や地価、過去の取引実績から、その不動産が売却できそうな価格を査定額として算出します。

一方で売却額は、査定額を基に売り手と買い手の交渉によって決まります。

査定をする不動産会社は買い手ではないため、不動産一括査定で提示された査定額よりも売却額が低くなる場合があるのです。

不動産一括査定では複数の業者から査定結果を知ることができるので、おおよその標準価格を知ることができます。

その情報を基に、買い手と交渉に臨みましょう。

顧客獲得のために実際の査定価格よりも高い金額を提示する業者もいる

不動産会社の中には、本来の適正な査定価格よりも高い金額を査定結果として提示する業者もいます。

これは、高い査定額を出して売却依頼を受けたいという意図があるからです。

査定額が高いほうがいいと思われがちですが、相場より高い査定額で売りに出しても買い手が見つからないでしょう。

売却できないまま数ヶ月が経過すると「この物件には売れない理由がある」という思われてしまい、その後も売れなくなってしまう可能性があります。

そのため、相場以上の査定価格で売りにだすことはおすすめできません。

不動産一括査定を活用して不動産の相場を把握し、相場通りの値段で売りに出すようにしましょう。

監修者:中西諒太氏
監修者の
コメント

不動産会社の中には自社だけに依頼して欲しいがために高い査定を出すケースがあります。

もし査定額がバラバラの場合、真ん中の金額くらいで複数社に依頼する「一般媒介契約」で売却活動を進めるのも選択肢の一つです。

不動産一括査定サイトを使用してトラブルにならないための注意点

不動産一括査定サイトは便利ですが、利用してからトラブルにならないために以下の注意点を予め覚えておきましょう。

査定額はあくまで簡単に出すものなので、実際の売却価格の方が低い場合もあります。

この点を理解した上でサイトを使うべきです。

実際は、家やマンションを訪問査定し、より細かなところまで見てもらわないと厳密な査定結果は出ません。

それに、訪問査定であっても、やはり実際の売却価格とは異なる場合もあります。

また、匿名での不動産一括査定はできません。

上記でご紹介したように匿名でも利用可能なところもありますが、中には個人情報が必須なところもあります。

上記の注意点について詳しく見ていきましょう。

不動産一括査定額より実際の売却額が低いこともある

査定額よりも実際の売却額が低いことはありえるので、頭の隅に知識として入れておきましょう。

また、実際の売却額より高い提示をする不動産会社もあります。

査定額で売却する決まりもないので、あくまで目安や相場としての価格を知るために活用するものと捉えるのが賢明です。

売却額の正確性は、簡易査定の後に行う訪問査定の方が実際の売却額に近くなります。

しかし、値段交渉時に値引きに応じるか応じないかなどでも価格は違ってくることを覚えておきましょう。

不動産一括査定を匿名ですることはできない

不動産一括査定では基本的に匿名ではできませんが、匿名での申込が可能な不動産一括査定サイトもあります。

記入事項が少ないほうが良いのであれば、査定申込フォームに個人情報がどれくらい含まれているのかチェックしましょう。

匿名で不動産を査定できるのなら気持ち的に安心かもしれません。

心配になる場合は、個人情報の取り扱いについての説明をサイトで確認するか、載っていなければ問い合わせてみてください。

また、Pマークを取得している会社は個人情報の保護について力を入れている企業になるので参考にしてみてください。

不動産一括査定サイトを利用して売却するまでの流れ

不動産一括査定サイトを利用して家を売るまで、どのような流れになるのでしょうか。

こちらで解説いたします。

  1. 申し込む
    まずは、査定の申し込みをします。
    サイトには査定の申込フォームがあるので、そこに必要事項を記入して送信します。
  2. 査定内容がメールや書類で届く
    査定が完了すると、その内容が申込フォームに記入したメールアドレスや住所に送られてきます。すべてデジタルで済ませたいなら、メールアドレスだけを記入し、住所は書かずに送りましょう。
  3. 買主がみつかると取引が成立
    買主がみつかれば、契約をして取引成立となります。

買主が現れるまでにどれだけの時間を要するかは、運次第とも言えるので気長に待ちましょう。

不動産会社は宣伝活動も仕事のうちなので、できる手段を駆使して家の宣伝をしてくれます。

内見希望者などが現れた場合、その都度対応をして最終的に買いたいという方を見つけます

下記で申し込みから売却するまでの流れについて具体的に説明しているので、今から依頼を行おうと考えられている方は参考にしてみてください。

Webサイトから申し込みを行う

まずは、不動産一括査定サイトの申込フォームから査定依頼を行いましょう。

申し込みフォームには以下の内容を入力しなければなりません。

申込フォームに主に必要な情報

  • 所在地
  • 物件の間取り
  • 築年数
  • 専有面積
  • 不動産会社への要望
  • 査定方法

以上が不動産一括査定依頼を出す際に主に必要な情報となります。

サイトによっては他の情報に関しても記入しなければいけない場合もありますが、ほとんどのサイトは1分ほどで申し込みを行うことが可能です。

申し込みからスムーズに進めたい方は、前もって必要な情報をまとめておくとスムーズに依頼を行うことができるので参考にしてみてください。

査定内容がメールなどで通知される

査定依頼を出し終え、一括査定が行われると、査定内容がメールなどで通知されます。

査定を行うのは一括査定サイトの運営会社ではなく、提携している不動産会社なので、もう一度質問が投げかけられる可能性があります。

ですが、すべてのやり取りを含めてほとんどの場合で1週間以内に結果が通知されます。

結果が通知された内容は机上査定の内容が通知されるため、その査定結果に納得がいけば訪問査定の依頼を行うという形になります。

机上査定 申し込みフォームに入力された情報のみで査定額を算出する
訪問査定 実際に物件に訪問することで査定額を算出する

机上査定とは申し込み情報のみで査定を行うこと

机上査定とは現地調査を行わずに申し込みフォーム入力された情報や情報などから算出する査定方法です。

机上査定は、現地調査を行わないことから簡易査定とも言われています。

申し込みフォームに入力するだけで査定してもらえるため手軽であり、軽い気持ちで査定したい方にはおすすめです。

ですが、机上査定の査定額のまま売却できることはほとんどありません。

机上査定は正確ではないからです。

申し込み情報だけでは、物件の内部の情報や周辺環境を正確に把握することはできません。

また、過去の成約価格も参考にされますが、景気の動向によっても価格は変動するので正確ではありません。

机上査定を行った後にさらに正確な査定額が知りたい方は訪問査定を行いましょう。

訪問査定とは担当者が実際に物件に訪問して査定すること

訪問査定はその名の通り、担当者が物件を訪れ査定を行う査定方法です。

訪問査定では、所有者のヒヤリングや物件の内部状況、土地や地形などの周辺環境を実際に確認し査定を行います。

申し込み情報やデータでは確認することができない部分まで確認することができるので、机上査定よりもより正確に査定を行うことが可能です。

正確に物件の査定額を知りたいという方は訪問査定を行うことをおすすめします。

ですが、訪問査定は査定額が算出されるまでに時間がかかってしまいます。

また、必要書類をいくつか準備しなくてはならないので手間がかかてしまいます。

訪問査定で必要な書類

  • 身分証明書
  • 印鑑証明書
  • 土地の測量図や建物の図面
  • 登記簿謄本
  • 公図
  • 登記権利証もしくは登記識別情報

気軽に査定を行いたいという方は、まずは机上査定を行いましょう。

査定結果をもとに不動産会社を決定する

机上の査定結果をもとに、訪問査定を行ってもらいたい不動産会社を決定します。

その後、決定した不動産会社に対して訪問査定の依頼を出し、実際に査定へと移ります。

訪問査定が終了すれば、査定額が確定するため、訪問査定額の査定額から実際に売却活動を行ってもらう不動産会社を決定します。

決める際は値段だけで判断せず、実際にお客様のために動いてくれる不動産会社であるのかも判断材料として持っておきましょう。

訪問査定の査定内容に納得がいかなければ、他の不動産会社にもう一度訪問査定依頼を行うなどの動きとなります。

不動産一括査定サイトの役割はここまでとなります。

不動産会社と契約して売却活動を行う

訪問以来に納得した場合は、不動産会社と実際に契約し売却活動を行ってもらいます。

不動産会社との契約は、媒介契約という契約を結ぶことになります。

不動産との媒介契約には3種類の契約があります、それぞれで内容が異なります。

契約 契約期間 売り手の売却活動 契約できる会社数
一般媒介契約 3ヶ月 できる 複数社と契約可能
専任媒介契約 3ヶ月 できない 1社のみ
専属専任媒介契約 3ヶ月 できない 1社のみ

不動産会社と媒介契約を結ぶことで、契約期間である3ヶ月の中で買主を探す売却活動を行ってくれます。

また、一般媒介契約では自分も売主を探すことができるなど内容が全く異なるため、しっかりと確認してから契約を結ぶようにしましょう。

参考:媒介契約制度|REINS TOWER

買主と売買契約を締結する

不動産会社が買主を探す売却活動を行い、買主が見つかり次第、売買契約へと移ります。

売買契約に関しても、不動産会社が仲介して契約が行われるため、特に構える必要はありません。

売買契約書への押印、手付金の支払いが完了すれば売買契約は終了です。

その後、不動産会社への仲介手数料の支払いと売却する不動産の所有者を買主に変更することで売却は完了となります。

以上が不動産一括査定サイトを利用した不動産売却の流れです。

不動産売却を考えられている方はぜひ準備の参考にしてみてください。

不動産一括査定をやってみた人のリアルな口コミや評判

実際に不動産一括査定をやってみた人はどのような感想を持っているのでしょうか?

ここからは不動産一括査定をやってみた人の口コミや感想を紹介していきます。

不動産一括査定って難しいものだと思っていたが簡単に申込できた

think
不動産一括査定を利用するのは難しいと思っていたが、実際に申込してみると簡単で驚いた。サイトにアクセスして必要事項を入力するだけで、あとは複数の不動産会社から査定額の提示が届く。手間がかからず助かった。

不動産を査定するというのは難しいものと思わがちですが一括査定サイトを使えば、そこまで難しくはありません。
サイトに必要項目を入力すれば後は連絡が来るので査定額に応じて判断するだけです。
是非気軽に試してみてください。

一度でたくさんの不動産会社から査定額を出してもらえる

smile
不動産一括査定を利用すると、一度にたくさんの不動産会社から査定額を出してもらえるため、比較検討がしやすかった。その結果、自分にとって最適な不動産会社を選ぶことができた。

不動産一括査定の最大のメリットともいえるのが複数の会社から一度に査定結果が届くというもの。

複数の会社から査定結果が来るので会社ごとに比較すると一番高い査定額のところに決めたりすることができます。

申し込み後の手続きもスムーズで、思っていたより高い査定額を提示された

wink
不動産一括査定を利用したら、査定の申し込みから手続きまでスムーズに進み、思っていたより高い査定額を提示されたので満足しています。また、担当者の対応も丁寧で好感が持てた。

申し込み後の手続きは不動産会社によって違いがありますが、比較的どの会社もスムーズに手続きが可能です。

大手の不動産会社にしておいて正解だった

wink
自分が売却したい不動産物件について、不動産一括査定を利用していくつかの不動産会社から査定額を出してもらった。その中で、大手の不動産会社に売却したら、スムーズかつ高い査定額を得られたため、正解だったと思う。

不動産業界はやはり大手の不動産会社が強く販売ルートまで一気通貫で持っていることもあるので、大手の不動産会社を選ぶのはオススメです。

匿名で査定できたので安心して申込できた

sad
自分の個人情報を開示することなく査定ができるので安心して申込することができた。営業電話がかかってくる不安があったが匿名での申込なら気にはならなかった。

個人情報の入力が必須の一括査定もありますが、中には匿名での不動産査定が可能の業者もあります。
個人情報について気になる方はそのような不動産会社を選択するのも一つの手段です。

不動産を高く売却するためのポイント3つ

家を高く売るためには、いくつかポイントがあります。

例えば、以下の3つを守るだけでも高く売れる可能性があります。

家やマンションは、売るタイミングで価値が高くなる場合もあります。

需要が高いときであれば早く売れるメリットもあるでしょう。

また、媒介契約には3つの種類があるのですが、そのうち一般媒介契約にしておくと高く売れやすくなることも知っておきましょう。

いつ売れば良いのか、媒介契約にはどのような種類があり、それぞれどう違うのかについては以下でご紹介していきます。

不動産売却のタイミングは引っ越しが重なる3月

家やマンションなどの不動産を売るなら、売るタイミングを考えましょう。

場合によっては高く売れることがあるからです。

売却しやすいのは3月といわれています。

日本は新年度が始まるのが4月ですから、3月に引っ越しする人口が多くなります。

学生なら大学に近い物件を探しますし、会社員は転職や移動などで変わることもあります。

3月であれば心機一転、良い物件に住みたいという希望者も多いです。

それに、早く住む場所を確保したいという気持ちや、他の人に取られてしまう前に多少高くても買いたいという気持ちが生まれやすくなります。

大幅な値引きをすることなく、高い値段で売れる可能性が高くなります。

一般媒介契約にすると複数社に依頼して自分で買主を見つけられる

媒介契約には以下3つの種類がありますが、その中でも一般媒介契約にすることをおすすめします。

一般媒介契約 複数社に依頼可能、自分で買主を見つけられる
専属媒介契約 1社のみ依頼可能、自分で買主を見つけられる
専属専任媒介契約 1社のみ依頼可能、自分で買主を見つけられない

一般媒介契約にすると高く売れる可能性があるのは、複数社に依頼ができるからです。

もしA社で買主を見つけられなくても、B社では買主が見つかるかもしれません。

買主探しの効率が良くなるということです。

また、一般媒介契約では自分で買主を見つけても大丈夫です。

不動産会社に探してもらわなくても、何かしらつてがあるなら話は早いでしょう。

以前から友人が家を欲しがっていたり、親戚に売りたいという場合は自分で探してきた買主と取り引きが可能です。

不動産相場について知識を付けて交渉を有利に進めよう

不動産売却は、不動産相場の知識があればより有利に交渉を進めることができます。

特に以下の3つのサイトを確認して、知識をつけておくといいでしょう。

また、REINS(不動産取引情報提供サイト)では成約価格を知ることができます。

ここに掲載されているのは成約価格ですので、値段交渉や値引きなどもされたあとの実際の取引金額がわかります。

不動産売却の交渉前に、売却予定の不動産の近くにある不動産の取引金額を把握しておきましょう。

固定資産税の納付書

土地の売却相場は、土地の固定資産税評価額から求めることができます。

一般的に、土地の固定資産税評価額 ÷ 0.7 とされています。

固定資産税評価額は3年に1回のタイミングで、固定資産税評価額が相場の7割程度になるように、各市区町村が定めているからです。

土地の固定資産税評価額は、各市区町村から届く通知書類で把握できます。

参考: 大阪市:固定資産税・都市計画税の通知書類について

土地評価額

土地評価額は、国土交通省などの公的機関が公表している土地の価格の指標です。

国土交通省の公式サイトでは実際の不動産取引価格や地価が公開されており、参考にすることができます。

参考: 地価公示・地価調査・取引価格情報 | 土地総合情報システム | 国土交通省

不動産査定においては、最新の土地評価額や不動産の状況、将来的な災害のリスクによって査定額が変動します。

たとえば、津波・洪水・土砂災害などの自然災害のリスクが高いかどうかは、国土交通省のハザードマップで確認することができます。

所有する不動産の実際の査定額を知りたい場合は、不動産一括査定サイトに依頼するほうがいいでしょう。

路線価

路線価とは、国税庁が発表している、主要道路に面した1㎡あたりの土地価格のことです。

国税庁は、1月1日時点の路線価を、その年の7月~8月ごろに公開しています。

参考:財産評価基準書|国税庁

路線価は相続税や贈与税を算出する際に用いられますが、不動産売却においては土地価格を決定する際の指標ともなります。

売却したい不動産の固定資産税評価額や土地評価額、路線価を把握したうえで、不動産査定の結果を確認しましょう。

不動産一括査定をしない人向けにおすすめの信頼できる不動産会社4選

不動産一括会社を利用せずに不動産売却を行いたい方は、直接不動産仲介会社に依頼することをおすすめします。

以下は信頼できる不動産会社4選の比較テーブルです。

企業名 仲介件数(件) 取扱高(億円) 手数料収入 店舗数 対応物件の種別
三井のリハウス 41,183 1兆8926 901 291 戸建て
マンション
土地
投資用不動産
東急リバブル 2,8750 1兆5779 715 199 戸建て
マンション
店舗
オフィス
野村の仲介+ 10,081 9,649 398 94 戸建て
マンション
土地
センチュリー21 26,629 6,400 306 991 戸建て
マンション
土地

参考:2022 不動産業統計集(9月期改訂)公益財団法人不動産流通推進センター(発行)(2022.10.11 更新)

一括査定に依頼すると不動産会社からの営業が止まらなくなるのではないかと不安な方もいるかと思います。

不動産仲介会社に関して詳しく紹介するので、参考にしてみてください。

不動産仲介会社のランキングは下記記事でもより詳しく紹介しています。

不動産売却はどこがいい?【2023年最新版】信頼できる不動産会社おすすめランキングTOP36!

三井のリハウスは多くの仲介件数の実績がある

三井不動産リアルティの「三井のリハウス」は不動産仲介件数が多くの実績のある不動産仲介会社です。

三井のリハウスは売却前のサポートが充実しています。

内容としては「360°サポート」という建物内の状態などを売却までに無料で確認してもらえるサービスなどがあります。

不動産売却が初めての方であっても心配なく進めることができます。

また三井不動産リアルティは大手企業であるので、全国展開されており291店舗あるので、都市部だけでなく郊外の方も利用することが可能です。

三井のリハウスの公式サイト
企業名 三井のリハウス(三井不動産リアルティ)
仲介件数 41,183
取扱高 1兆8926億円
手数料収入 901億円
店舗数 291
対応物件の種別 戸建て
マンション
土地
投資用不動産

東急リバブルは保証サービスが充実している

東急リバブルは首都圏や東急沿線での不動産売買を強みとした不動産仲介会社です。

東急リバブルは保証サービスがかなり充実しています。

特に「リバブルあんしん保証」では無料で建物保証や住宅設備保証などを受けることができます

また、売却保証のサービスもあり、買主が見つからなかった場合でもと東急リバブルに買い取ってもらうことが可能です。

売却額が少し下がってでも物件を売却しきりたいという方や、東急沿線の物件を所有している方におすすめです。

東急リバブルの公式サイト
企業名 東急リバブル
仲介件数 28,750
取扱高 1兆5779億円
手数料収入 715億円
店舗数 199
対応物件の種別 戸建て
マンション
オフィス
店舗

野村の仲介+は無料で売却サービスを受けることが可能

野村の仲介+は野村不動産グループが展開している不動産仲介サービスです。

野村の仲介+は売却サポートを無料で1つ受けることができます。

例えば、ハウスクリーニングや、あんしん設備保証、土地測量などがあります。

不動産売却は売却する際に利益を得られるだけでなく、細かい費用がかかるものです。

少しでも費用を抑えたいという方には野村の仲介+がおすすめです。

しかし、野村の仲介+は営業店が少なく、基本的には首都圏、大阪、名古屋に固まっています。

郊外の方は不便になってしまいますが、都市部の物件を所有している方にはおすすめです。

野村の仲介+の公式サイト
企業名 野村の仲介+(野村不動産グループ)
仲介件数 10,081
取扱高 9,649億円
手数料収入 398億円
店舗数 94
対応物件の種別 戸建て
マンション
土地

センチュリー21はフランチャイズ展開により地域密着型の情報量がある

センチュリー21はアメリカのニュージャジー州に本社を置く不動産仲介会社です。

センチュリー21はフランチャイズ展開をしているため、店舗によってサービスが大きく変わってきます。

そのため、大手でありながらも地元密着型の不動産会社が加入していれば、地域の情報量に加えて、全国のネットワークが利用できるようになります。

また店舗数は非常に多く991店舗も全国に展開されています。

ですがフランチャイズであるため、店舗によっては悪い口コミの店舗もあるので、見極めが必要です。

センチュリー21の公式サイト
企業名 センチュリー21
仲介件数 26,629
取扱高 6400億円
手数料収入 306億円
店舗数 991
対応物件の種別 戸建て
マンション
土地

不動産査定サイトについてよくある質問

では、最後に不動産査定サイトについてのよくある質問とその答えをご紹介していきます。

以下のような質問はよくネット上でも見かけます。

  • 不動産一括査定サイトとは?
  • 不動産査定サイトはどうして無料なのですか?
  • 不動産一括査定サイトのおすすめってどこ?
  • 不動産一括査定サイトは匿名でできますか?
  • 今後売却したいと考えている物件でも査定してもらえますか?
  • 悪徳な不動産を見極める方法はありますか?
  • 査定を行ったら必ず売却しないといけませんか?
Q.

不動産一括査定サイトとは?

A.

不動産一括査定サイトは複数の不動産会社に一括で査定を依頼することができるサイトのことです。

複数の会社からの査定額を一度に取得することができるため、査定額を比較することができるのが最大の魅力です。

また、ネット上で簡単に査定をすることができるので、時間がない人にも便利なサービスだと言えます。

Q.

不動産査定サイトはどうして無料なのですか?

A.

不動産査定サイトが無料で利用できるのは、そのサイトを使ってもらうことが宣伝の一部になっているからです。

不動産会社としては、顧客獲得のための一環と言えます。

もし不動産査定サイトが有料であれば、利用者は減り、顧客獲得数が減ってしまうでしょう。

そのため無料で利用できるようにしていることが多いです。

詳しくは、当記事内「不動産一括サイトの特徴と仕組み」をご確認ください。

Q.

不動産一括査定サイトは匿名でできる?

A.

不動産を一括査定する場合は匿名ではできませんが、査定を匿名でできる不動産査定サイトはあります。

匿名でできるところは、サイトの中にある査定申込フォームに売りたい不動産の情報を入れることがメインです。

あとは、結果が送られてくるメールアドレスを記入すればOK。

しかし、匿名でできないところは住所や氏名などを記入する必要があり、異なった記載をすると規約違反になることもあります。

詳しくは、当記事内「匿名で不動産一括査定することはできない」をご確認ください。

Q.

不動産一括査定サイトのおすすめってどこ?

A.

不動産一括査定サイトのおすすめは読者の物件や地域によって異なりますが、当サイトとしておすすめしているのはSUUMO不動産売却です。

ネームバリューは大手なのでもちろんのこと、査定サイトの使いやすさや対応地域・提携している不動産会社数も多いので総合的に判断しておすすめといえます。

各社の特徴は下記で比較しているのでご覧ください。

>>不動産一括査定おすすめ12選の選び方

Q.

今後売却したいと考えている物件でも査定してもらえますか?

A.

査定依頼を行った後すぐに売却しなければならないというルールはありません。

そのため、不動産一括査定サイトに今すぐではなく、今後売却しようと考えている不動産の査定を行ってもらうことは可能です。

ですが、査定依頼を行うと不動産会社に電話番号などの情報がわたるため、電話などの営業を受けることになる可能性があります。

その点を理解して査定依頼を行うようにしましょう。

Q.

悪徳な不動産を見極める方法はありますか?

A.

悪徳な不動産会社を見分けるポイントは査定結果を見て、しっかり根拠に基づいて算出されているかを確認することです。

悪徳な不動産会社であれば、根拠のない査定結果を算出している場合や、地域の情報に詳しくないのにも関わらず、査定を行っている場合があります。

また他社と比べて圧倒的に査定額が高い場合は気をつけましょう。

その不動産会社で売却活動を行っても買主が見つからない場合や、査定額よりもかなり低い額での売却をさせようとしてくる場合があります。

しっかりと相場を知り、明らかに査定額がおかしいような不動産会社は避けるようにしましょう。

Q.

査定を行ったら必ず売却しないといけませんか?

A.

査定を行ったからといって、必ず売却しなければいけないということはありません。

しかし、不動産会社からの営業を受けることになります。

営業を受けることが大丈夫な方であればとりあえず査定を行ってみるのも良いでしょう。

営業を受けたくないという方は、一部匿名で行うことができる不動産一括査定サイトもあるので、そちらを確認してみてください。

まとめ

不動産一括査定サイトは大変便利で、無料で複数社に売りたい物件の査定をしてもらうことができます

ただ、不動産一括査定サイトは数が多いため、それぞれがどのような特徴を持っているかを事前に確認しておくべきでしょう。

情報を得た上で、自分に合っているかどうかを決めていきます。

また、あくまで簡素な査定となるため、相場を確認するための利用だと認識しておきましょう。

より詳しい売却価格を知るなら、簡易査定の後に訪問査定をしてもらう必要があります。

最終的に1社に絞り、契約という流れがおすすめです。

信頼できる不動産会社に巡り合うため、不動産一括査定サイトをうまく利用していただけると幸いです。

この記事の監修者

中西 諒太 氏 概要

静岡県出身。株式会社了 代表取締役。

<保有資格>
宅地建物取引士
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
住宅ローンアドバイザー
日商簿記検定2級

アパレル販売員をしながら独学で宅建を取得。
賃貸仲介・売買仲介・賃貸管理会社にて勤務を経て独立、株式会社了を設立。
現在は、不動産賃貸業・不動産関連Webメディア運営・監修を手掛けている。