不労所得を始めるならどれがおすすめ?8種類の投資方法が持つメリット・デメリットを解説

初めての方におすすめの不労所得は8種類

「不労所得ってどれを選べばいいのかわからない」

「初心者にもおすすめな不労所得を教えてほしい」

こうした疑問・悩みを抱えつつ、不労所得を始めたいと考えている方はいませんか?

結論からいうと、初心者の方にもおすすめできる不労所得は以下の8種類です。

不動産投資 不動産クラウドファンディング 投資信託 ビジネス投資 株式投資 FX投資 駐車場経営 印税収入
メリット 安定した収益が見込める ランニングコストが不動産投資より安い 金融知識がない方でも運用できる 投資成功時にハイリターンが期待できる 分散投資で損失リスクが軽減できる 少額から投資が始められる 不動産投資より初期費用を安くおさえられる 売上数が多ければ多額の収益が得られる
デメリット 入居者なしだと収益が得られない 出資金を償還できないリスクがある 収益額は投資家の腕に左右される 収益化までに多くの時間と労力がかかる 株価が下落すると損失を受けてしまう 為替相場の変動による損失リスクがある 土地の立地条件が悪いと収益を集めにくい 収益が入るまでに時間がかかる
おすすめしたい人 まとまった額の貯蓄がある方 投資資金にあまり余裕がない方 自力で投資するのが怖い方 不労所得で多額の収益を稼ぎたい 将来不労所得だけで生活したい方 少額資金で投資をスタートしたい方 駐車場経営に適した土地を所有している方 オリジナル商品を作るのが好きな方

メリット・デメリットは、各種類ごとにそれぞれ異なります。

そのため不労所得を始める時は内容をよく見比べ、自身の目的・希望に合った投資方法を選ぶことが大事です。

この記事では8種類の不労所得がもつ特徴やメリット・デメリット、始める時の注意点などについて解説します。

不労所得で月5万~月10万の収入を得たいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

誰でも簡単に儲かる不労所得はありません。

投資には元本割れのリスク(金融商品の価格が購入時の価格を下回ってしまう可能性)があります。

また、投資ノウハウと称した情報商材を販売する業者に関する注意喚起が、国民生活センターから発信されています。

全国の消費生活センター等には、以前から「スマホで簡単にもうかる」「不労所得で豊かに生活ができる」とお金もうけのノウハウを伝える等と勧誘され、情報商材(注1)やノウハウを教わるサポートの契約をしてトラブルになったという相談が寄せられています。

引用元:新たな“もうけ話トラブル”に注意-オンラインサロンで稼ぐ!?-(発表情報)_国民生活センター

簡単に儲かる・誰でもできるの宣伝文句や、実際に投資で収益を上げているかのような写真で宣伝する業者には注意しましょう。

目次

不労所得とは労働しなくても毎月一定の収入が得られる仕組み

不労所得と勤労所得の違い

不労所得は、土地活用や資産運用などを活かして働くことなくお金が稼げる仕組みです。

働くことなく一定の収入が得られる不労所得は、勤労所得だけで生活する方にとって強い味方となります。

不労所得で月5万~月10万の収入があれば、失業・給与低下などのトラブルが発生しても安心です。

少なくとも新しい仕事が見つかるまでは、必要最低限の生活費を確保できます。

将来の不安にそなえて本業とは別の収入源を用意しておきたいという方は、不労所得への投資を一度検討してみましょう。

ただし、なんの考えもなしに不労所得を始めるのは危険です。

不労所得で生活してる人の割合は、現在ネット上でも明確に公開されていません。

これは実践する方の数だけでなく、投資に成功・失敗した方の数が集計できていないためです。

不労所得で収益を得た方もいれば、失敗して損失が出た方もいます。

現実的に考えた場合、不労所得できちんとした利益を得るには【計画的な投資】と【リスクヘッジ】が必須です。

これから不労所得に挑戦しようと考えている方は、十分注意しておいてください。

安定した不労所得には数十万円単位の初期費用が必要

不労所得のために投資を始める際は、少なくとも5万~10万円の資金が必要です。

一昔前まで、不労所得を始める際は数百万円単位の初期費用がかかりました。

ですが現在は不労所得が一般的に認知されたことで、少ない資金で始められる投資方法が多く登場しています

「不労所得に何百万円も投資できない」という方も、手頃な金額から投資を始めることが可能です。

不労所得で安定した収益を得たいと考えている方は、まずそれぞれの目的・予算に見合った投資方法を探してみましょう。

ただし、不労所得で収益を得るには「投資知識」や「経験」も必要です。

投資に関する知識をある程度学んでおかないと、投資に失敗する可能性は高くなります。

実際に取引を行い、どう行動すればより多くの収益が得られるのか把握することも大事です。

これから不労所得を始めようと考えている方は、この事実をよく認識しておいてください。

不労所得で未経験者でも始めやすいのはこの8つ

未経験者でも始めやすい不労所得は、以下の8つです。

  • 不動産投資
  • 不動産クラウドファンディング
  • 投資信託
  • ビジネス投資
  • 株式投資
  • FX投資
  • 駐車場経営
  • 印税収入

それぞれの投資方法には、異なる内容の特徴・メリット・デメリットが存在します。

不労所得を始めたいと考えている方は、まず各方法の特徴やメリットなどをよく確認してみてましょう。

また投資方法を選ぶ時は、リスクとリターンのバランスを把握することも大切です。

リスクとリターンのバランス別の投資方法の種類

リターンの大きい投資ほど、失敗した際の損失リスクは高くなります。

リスク・リターンのバランスを考慮しつつ、自身が安心して投資できる方法を探してみてください。

ここでは、それぞれの投資方法について詳しく解説します。

不動産投資は値動きが少なく安定したリターンが期待できる

不動産投資の図解

不動産投資は、家賃収入によって安定した収益が得られる不労所得です。

マンションなどの不動産を購入し、入居者に貸し出すことで家賃収入が得られます。

平均利回りは3%~3.5%程とされており、場合によっては月5万円~月10万の収益を得ることも可能です。

ほかにも、不動産投資には以下のメリットが存在します。

  • 不動産購入時に住宅ローンを組むことで初期費用が節約できる
  • 他の金融商品に比べて商品価格が変動しにくい
  • 不動産会社に受託しておけば物件の管理や経営に手間がかからない

ミドルリスク・ミドルリターンの不動産投資は、初めて投資を行う方にもおすすめです。

ただし不動産投資には、以下のデメリットも含まれています。

  • 入居者がいなければ収益を得られない
  • 物件購入に数百万円単位の資金がかかる
  • 不動産の売却に時間がかかる場合もある

最大のデメリットは、入居者がいないと収益を得られない点です。

どんな良い物件を購入しても、住む人がいなければ収入は入ってきません。

とはいえ、空室リスク回避を名目としたサブリース契約には注意しましょう。

サブリース契約は、一定の賃料収入が見込める・オーナーが管理する手間がかからないなどのメリットがあります。

しかし、賃料減額や中途解約できないなどのトラブルがあり、消費者庁・金融庁・国土交通省から注意喚起が発せられています。

近年、賃料減額をめぐるトラブルなどが発生しています。サブリース契約をする場合は、契約の相手方から説明を受け、契約内容や賃料減額などのリスクを十分理解してから契約してください。

引用元:サブリース契約に関するトラブルにご注意ください! | 消費者庁

不動産投資で安定した収益を得るには、物件選びがとても大事となります。

また、物件の購入には多額の資金が必要となります。

住宅ローンを組めない場合、初期費用はすべて個人で負担しなければいけません。

不動産投資をおすすめしたい方は、以下の通りです。

  • 不労所得で安定した収入を得たい方
  • 物件を購入できるだけの貯蓄がある方
  • 投資の損失リスクを最小限におさえたい方

投資初心者の方・安定した収益が欲しい方は、ぜひ検討してみてください。

不動産クラウドファンディングは少ない初期費用で不動産投資が始められる

不動産クラウドファンディングの図解

不動産クラウドファンディングは、1万円から不動産投資が始められる不労所得です。

事業者にもよりますが、不動産クラウドファンディングの投資額は1万円単位で設定されています。

投資金額を自由に調整できるため、投資資金にあまり余裕がない方でも始めやすいです。

ほかにも、不動産クラウドファンディングには以下のメリットが存在します。

  • 利回りが6%~8%と高い
  • 物件の管理や売買手続きなどを行う必要がない
  • ネット上から簡単に投資することが可能

ネット上で投資・入金などの手続きを完結できる投資方法なので、初めて投資を行う方にも向いています。

不動産クラウドファンディングのデメリットは、以下の通りです。

  • 出資金が償還されない場合もある
  • 出資中は投資資金を取り出すことができない
  • 事業者の倒産による損失リスクがある

不動産クラウドファンディングは不動産評価額が下落した際、出資金を回収できない可能性があります。

投資する際は償還されないリスクを考慮しつつ、慎重に投資先を選びましょう。

また不動産クラウドファンディングはローリスク・ローリターンである反面、途中解約ができません。

損失リスクが心配な場合は、投資金額にも気をくばる必要があります。

不動産クラウドファンディングをおすすめしたい方は、以下の通りです。

  • 少ない初期費用で不動産投資を始めたい方
  • 住宅ローンを組むのが難しい方
  • 不労所得の管理にあまり手間をかけたくない方

最小限の資金で不動産投資を始めたいと考えている方は、ぜひ検討してみてください。

投資信託はプロの投資家に運用を任せるので初心者でも失敗しにくい

投資信託は、まったくの未経験者でも安心して投資が始められる不労所得です。

プロの投資家に運用を任せる形になるため、投資に関する専門知識は必要ありません。

ローリスク・ローリターンの投資方法であり、分散投資によるリスク軽減が可能です。

ほかにも、投資信託には以下のメリットが存在します。

  • 100円~1万円の範囲内で投資が始められる
  • さまざまな種類の商品に投資できる
  • 基準差額で資産価値や値動きを把握しやすい

金融機関によっては100円から購入できるので、初期費用を節約したい時にも便利です。

ただし、投資信託には以下のデメリットも存在します。

  • 元本割れで損失を受けるリスクがある
  • 依頼する投資家によっては成果が出ない場合もある
  • 信託報酬や販売手数料などが別途かかる

元本割れで株の価格が購入時よりも下がると、その分だけ投資資金には損失が出てしまいます。

資金の損失をなるべく軽減したい時は、分散投資によるリスクヘッジがとても有効です。

また投資信託を任せる際は、投資家に対して購入手数料・信託報酬などがかかります。

資金をなるべく節約したい方は、NISA・つみたてNISAなどの税制優遇制度も活用しましょう。

投資信託をおすすめしたい方は、以下の通りです。

  • 自身で投資先を選ぶのが不安な方
  • 投資に関する知識や経験がまったくない方
  • 投資で一度失敗した経験がある方

安全性の高い投資方法で不労所得を作りたい方は、ぜひ検討してみてください。

ビジネス投資は売上を順調に出せれば長期的な不労所得が得られる

ビジネス投資は、大きなリターンや長期的な収益が期待できる不労所得です。

今までは事業資金に出資し、売買差額や取引利益などで資金を得るのがビジネス投資でした。

ですが現在は、Youtubeやブログなどを使ったビジネス投資が主流となっています。

動画・ブログで商品やサービスを紹介し、それらの売上数に応じて収益を得るのが主な仕組みです。

ミドルリスク・ミドルリターンな投資方法ですが、うまく売上数を増やせれば高い収益が期待できます。

ほかにも、ビジネス投資には以下のメリットが存在します。

  • 動画やブログで長期的な収入が見込める
  • 初期費用や運用費を最小限におさえられる
  • 専門知識を持っていない方でも始めやすい

動画やブログを使ったビジネス投資は、少ない初期費用でスタートさせることが可能です。

運用費もほとんどかからないため、収入の少ない方でも無理なく維持できます。

ビジネス投資のデメリットは、以下の通りです。

  • すぐに収益を得られない場合が多い
  • 売上数が低下すると安定した収益は得られない
  • コンテンツ削除で収益が絶たれるリスクもある

動画やブログを使ったビジネス投資の場合、収益は作成したコンテンツの売上数に左右されます。

コンテンツ作成には多くの時間と労力がかかりますし、完成しても売上数が少なければ安定した収益は得られません。

安定した収益を得るには、コンテンツの売上数をどうやって伸ばすか考えつつ試行錯誤することが大事です。

ビジネス投資をおすすめしたい方は、以下の通りです。

  • 動画やブログで多くの収益を獲得したい方
  • 長期間維持できる不労所得を作りたい方
  • 広告収入で稼げる自信がある方

長期的な不労所得を得たいと考えている方は、ぜひ検討してみてください。

株式投資は分散投資を行うことで複数の不労所得が形成できる

株式投資は、株式を購入することで配当金(インカムゲイン)による収益が得られる不労所得です。

分散投資で複数の株式を購入しておくと、各商品の利回りに応じた配当金が受け取れます。

購入した株を売却し、キャピタルゲインに応じた収益を得ることも可能です。

ハイリスク・ハイリターンな取引ですが、株式を高値で売却できた時は大きな収益が期待できます。

うまく運用できれば、不労所得だけで生活することも可能です。

ただし、未公開株や新規公開株の投資勧誘には十分に注意してください。

中には、入金後に連絡が取れなくなる詐欺の場合があります。

参考:詐欺的な投資勧誘等にご注意ください!: 金融庁

ほかにも、株式投資には以下のメリットが存在します。

  • さまざまな銘柄の株式を所有できる
  • 所有する株数に応じていろいろな優待が受けられる
  • 分散投資を利用した場合は損失リスクも軽減される

分散投資を利用すれば、初心者の方でも安心です。

ただし、株式投資には以下のデメリットも含まれています。

  • 原則100株単位でしか投資できないため初期費用が高い
  • 株価が下落すると損失を受けてしまう
  • 投資先が倒産すると資金は一切回収できなくなる

株式投資は原則、最低売買単位が100株に設定されています。

そのため投資を行う際には、少なくとも数十万円の資金が必要です。

株価の下落・倒産によって損失が出るリスクもあるため、投資する際は分散投資をうまく活用しましょう。

株式投資をおすすめしたい方は、以下の通りです。

  • 不労所得による収益だけで将来生活したい方
  • 投資運用を本業にしたいと考えている方
  • 数十万円以上の貯蓄を持っている方

投資で多くの収益を稼ぎたいと考えている方は、ぜひ検討してみてください。

FX投資は値動きを予想しにくいが取引次第で高リターンが期待できる

FX取引の図解

FX投資は、通貨の売買取引によって資金を集めていく不労所得です。

通貨を購入して為替レートが高騰した時に売却すると、差額分の収益が獲得できます。

レバレッジを利用すれば、投資資金の最大25倍にあたる金額まで取引することが可能です。

スワップポイントや自動売買ツールなどを利用すれば、未経験者の方でも始められます。

ただしハイリスク・ハイリターンな取引方法であるため、運用する際は注意が必要です。

ほかにも、FX投資には以下のメリットが存在します。

  • うまく運用できれば安定した収益を長期間維持することが可能
  • 早朝や深夜などの時間帯でも取引が行える
  • 取引手数料が基本無料なので運用費も安くおさえられる

ほとんどの会社が手数料無料で取引できる点も、FX投資の大きなメリットです。

ただし、FX投資には以下のデメリットも存在します。

  • 事件や災害などの影響で為替相場が変動しやすい
  • 通貨の値動きを予測するのが難しい
  • 預けた資金以上の損失が発生する可能性もある

FXは株式と違って値動きが変動しやすく、経済や災害などによる影響も受けやすいです。

現時点で収益が得られていても、数分後には損失へ変わっている可能性もあります。

初めてFX取引を始める場合は、少額投資から始めてFX相場の動き・取引パターンなどを学習していきましょう。

FX投資をおすすめしたい方は、以下の通りです。

  • 少額から不労所得をスタートしたい方
  • 日中忙しくて投資をする暇がない方
  • プログラムなどを使って気軽に資産運用したい方

不労所得で多額の資金を確保したいと考えている方は、ぜひ検討してみてください。

駐車場経営は所有する土地を有効活用しながら貯蓄が増やせる

駐車場経営は、所有する土地を駐車場として活用することで収益が得られる不労所得です。

不動産投資のように物件を購入する必要がないため、少ない初期費用で始められます。

管理会社にメンテナンスや監視などの作業を任せておけば、駐車場を管理する必要はありません。

維持費もほとんどかからないので、ローリスク・ローリターンな投資方法です。

ほかにも、駐車場経営には以下のメリットが存在します。

  • 土地の整備や設備設置に時間がかからない
  • 狭い土地や変わった形状の土地にも採用できる
  • 災害などによる影響を受けにくい

半月程で設備準備を完了できる駐車場経営は、早く資産運用を開始したい時にも便利です。

ただし駐車場経営には、以下のデメリットも存在します。

  • 不動産投資に比べて収益性が低い
  • 立地条件の悪い土地では収益を集めにくい
  • 住宅と違って固定資産税や都市計画税が減額されない

駐車場経営は収益性が低く、多くの収入を得るのには適していません。

安定した収益を集めるには、土地の立地条件がとても重要です。

そのため駐車場経営を依頼する時は、契約前に土地の立地条件を改めて確認する必要があります。

駐車場経営をおすすめしたい方は、以下の通りです。

  • なるべく少ない資金で土地活用を始めたい方
  • 駐車場経営で安定した収益を得たい方
  • 駅や大型施設などの近くに土地を所有している方

所有する土地で不労所得を得たいと考えている方は、ぜひ検討してみてください。

印税収入は自作した楽曲・書籍で収益が得られる

印税収入は、自作した楽曲や書籍などを売ることで収益が得られる不労所得です。

販売で得られた売上額のうち、5%~10%にあたる金額が印税収入として入ってきます。

作品の売上数が伸びれば伸びるほど、多額の資金を獲得することが可能です。

初期費用もほとんどかからないため。ローリスク・ハイリターンが見込める投資方法といえます。

ネット上で販売を行えば、初期費用もほとんどかかりません。

ほかにも、印税収入には以下のメリットが存在します。

  • それぞれの趣味を不労所得として活用できる
  • ほとんど維持費がかからない
  • 金銭面での損失リスクが低い

株式やFXに比べて資金の損失リスクが低い点も、印税投資の大きなメリットです。

ただし、印税収入には以下のデメリットも存在します。

  • 収益を得るまでに長い時間がかかる
  • 作品が売れなければ収入は一切入ってこない
  • 安定した収益を長期間維持するのが難しい

印税収入は、商品の作成・取引などにかなりの手間と時間がかかります。

最短でも収益が入ってくるのは数ヵ月後となるため、すぐ不労所得を実勢したい方には不向きです。

印税収入を不労所得として成立させるには、高いクリエイティブ能力が求められます。

印税収入をおすすめしたい方は、以下の通りです。

  • 作曲などの趣味を不労所得として活用したい方
  • 不労所得の初期費用・維持費をなるべく安くおさえたい方
  • クリエイティブ能力に自信がある方

自作した商品で不労所得を得たいと考えている方は、ぜひ検討してみてください。

不労所得のおすすめは不動産投資といわれる3つの理由・メリット

不動産投資がおすすめの不労所得として人気なのは、投資しやすくリスクヘッジにも優れているからです。

不労所得として不動産投資がおすすめなのには、以下の理由があります。

  • ローンで投資資金を工面しやすい
  • 価格変動による損失リスクを最小限におさえられる
  • 不動産投資会社と連携しながら投資物件が選べる

不労所得を始める際には、初期費用となる資金を用意する必要があります。

取引失敗によって多くの資金を失わないよう、損失リスクを軽減することも大事です。

その点、不動産投資は初期費用を確保しやすく収入の安定性にも定評があります。

どの投資方法を選べばいいかまだ悩んでいる方は、ぜひ不動産投資を検討してみてください。

ここでは、不動産投資をおすすめする理由について詳しく解説します。

不動産投資は会社員だと社会的信用が高いため初期費用を工面しやすい

不労所得を作るには初期費用が必須ですが、不動産融資は銀行で資金を工面できる可能性があります。

住宅ローンなら貯蓄が少ない方でも、物件購入にかかる資金を融資してもらうことが可能です。

不動産投資で得た収益をローンの返済にあてれば、合理的に不労所得の仕組みを構築できます。

また銀行は、社会的信用の高い方には融資を前向きに検討してくれる傾向が強いです。

会社員・公務員などの安定した継続収入が見込める職業に就いている方なら、審査を有利に進められます。

契約するローンによって異なりますが、物件価格の7割程にあたる金額までなら借入できる可能性が高いです。

ただし会社員・公務員の方でも、勤続年数が短いとローン審査に通らない場合もあります。

少なくとも勤続年数が1年以上なければ、住宅ローンの審査を通過するのは難しいです。

銀行から不動産投資の資金を借りようと考えている方は、注意しておいてください。

不動産の価値が変動しにくいため損失リスクも最小限に抑えられる

不動産投資は株式やFXなどの商品に比べて、商品価格が変動しにくく損失を受けにくいです。

大規模な経済不況で株・FXの相場価格が下がっても、不動産にはほとんど影響がでません。

入居者がゼロにならないかぎり、安定した収益を確保することが可能です。

また不動産投資は投資する物件を慎重に選ぶことで、投資の成否をある程度コントロールできます。

入居率が高い物件に投資できれば、不動産投資で得られる収益をほぼ一定に保てるはずです。

物件の見極め方や管理手法を熟知している方なら、損失リスクをより軽減できます。

反面、不動産投資に関する知識が少ない方は損失を受けやすいです。

ただし株式やFXのように、物件価格が大きく変動することはありません。

投資する物件を慎重に選べば、損失リスクは最小限におさえることができるでしょう。

これから不動産投資を始める方は、物件選びで失敗しないように気をつけてください。

不動産投資会社を利用すれば初心者でも安心して継続できる

不動産投資は個人で物件の購入・管理を行う必要がありますが、不動産投資会社に手続きを任せるという選択肢もあります。

不動産投資会社に依頼を行っておけば、自力で購入する物件を探す必要はありません。

それぞれの資金計画・予算などに合わせて、不動産投資会社が最適な物件を紹介してくれます。

投資に関する知識がまったくない方でも、安心して不動産投資をスタートさせることが可能です。

また不動産投資会社は、物件管理や家賃回収などの手続きも実施してくれます。

会社員などの職業で働きつつ、物件の管理・メンテナンスを行うのは大変です。

不労所得として不動産投資を継続していく場合は、不動産投資会社に任せるのが最も効率的といえます。

ただし、不動産投資会社に依頼する際は会社選びがとても重要です。

よく考えずに依頼を行うと、投資失敗で大きな損失を受ける可能性があります。

着実に収益が出せるよう、依頼する際は不動産会社の信頼性をよく確認することが大事です。

不動産投資会社へ依頼を行う予定の方は、信頼できる会社を探してみてください。

不労所得を始める際に確認すべき3つの注意点

不労所得を始める際に確認すべき3つの注意点

不労所得は働くことなく収益を得たい方におすすめですが、実践する際は以下の項目に注意する必要があります。

  • 配当所得などの税金が別途発生する
  • 勤務先が副業を禁止している場合は実践できない
  • 投資失敗で生活に悪影響が生じる危険性もある

勤労所得と不労所得をうまく両立させると、さまざまなメリットが得られます。

収入が増えると日常生活にゆとりが出ますし、将来に対する金銭的不安も軽減することが可能です。

しかし勤務する会社によっては、不労所得が実践できない場合もあります。

所得税も発生するうえ、収益額によっては確定申告も必要です。

これから不労所得を始める予定の方は、始める前に注意点の内容をよく確認しておいてください。

ここでは、それぞれの注意点について詳しく解説します。

不労所得を実践する際は税金が発生する

不労所得で収益を得た際は、収入内容に応じた所得税を支払う必要があります。

たとえば不動産投資で家賃収入を得た場合は、不動産所得を支払わなければいけません。

物件の売却で収益を得た場合は、譲渡所得が発生します。

所得税の税率は、投資で得た金額に応じて変動する仕組みです。

所得が195万円以下なら5%、195万円以上330万円以下なら10%の税率になります。

330万円以上695万円以下は20%と、取得する金額が多くなれば税率も上がるので要注意です。

また、不労所得で支払う税金には住民税も含まれています。

住民税は前年の所得に応じてかかる所得割と、一定以上の所得がある人に一律にかかる均等割の合計をおさめなくてはなりません。

不労所得で変わってくるのは所得割の部分で、標準税率なら10%となります。

もし月10万円の家賃収入で年間120万円の不労所得がある人は、所得税と住民税10%をあわせた18万円を納める計算です。

会社によっては副業としてみなされる可能性がある

不労所得は副業の一種であるため、勤務先の企業が副業を禁止していた場合は実践できません。

会社に隠れて不労所得を実践していたことがバレた場合、重大なペナルティを受ける可能性があります。

会社員などとして働いている方は、実践前に不労所得の可否を確認しておきましょう。

どの不労所得を副業としてみなすかは、各会社によって異なります。

社内規約や契約事項などを確認すれば、副業の可否はすぐ確認することが可能です。

ただし、ほとんどの銀行・証券会社は不労所得を全面的に禁止しています。

投資していたことがバレた場合、減俸や異動などの処罰を受ける危険性が高いです。

銀行員などとして働いている方は、この事実をよく認識しておいてください。

不労所得で生活に悪影響が生じる可能性もある

不労所得を実践する際は、熱中しすぎて本業や日常生活に悪影響が生じないよう気をつけましょう。

よく聞くのは、仕事中に株式・FX取引を行ってしまう事例です。

業務中に不労所得を行っていたことがバレると、会社側から何かしらの処罰を受ける危険性があります。

投資に専念するあまり、本業がおろそかになってしまっては意味がありません。

勤務先が副業を許可していても、業務中に投資を行うのは避けましょう。

また不労所得を行う時は、失敗時の損失を常に考慮しながら投資することも大事です。

投資にお金をつぎ込み過ぎると、生活費が不足する事態になります。

余裕のある生活を求めていたのに、生活を破綻させていてはどうしようもありません。

不労所得を始める方は、お金の使いすぎにも注意してください。

不労所得を始める方におすすめな3つの不動産投資会社

不労所得を不動産投資でスタートする際は、不動産投資会社と契約するのがおすすめです。

不動産投資会社に手続き・管理を任せておけば、初心者の方でも簡単に不動産投資が始められます。

今回ご紹介する不動産投資会社は、以下の通りです。

  • RENOSY
  • トーシンパートナーズ
  • SYLA

それぞれの不動産投資会社には、異なる特徴が存在します。

管理する物件の数やサービス内容もそれぞれ違うので、契約先を決める際は入念な情報収集が必須です。

これから契約する方は各会社の内容を見比べて、どの会社が自分にあっているかよく考えてみてください。

ここでは、それぞれの不動産投資会社について詳しく解説します。

RENOSYは入居率99.5%で安定した収益が見込める

RENOSY(リノシー)は、独自のデータベースとスコアリングで高い入居率を実現している不動産投資会社です。

データベースに蓄積した膨大な数の物件を様々なポイントから評価して、価値の高いものを選び抜き紹介してくれます。

もちろん紹介の前には、人の目によるチェックも忘れません。

99.5%という高い入居率を維持しているため、長期間安定した収益が期待できます。

また、マンション経営代行の手数料は業界最安水準です。

ITの活用により業務を効率化しているからで、わずかな費用で不労所得を手にできます。

専用アプリを活用すれば、家賃の入金や物件利回りなども一目で確認することが可能です。

RENOSYの公式サイトはこちら

トーシンパートナーズは専用アプリで気軽に不動産投資が始められる

トーシンパートナーズは、オーナー専用アプリで物件管理が簡単に行える不動産投資会社です。

スマホさえあれば所有する物件の入居者情報や空室数、収入状況などがいつでも確認できます。

担当者とチャットでコミュニケーションが取れるうえ、不動産投資に欠かせない情報なども受け取ることが可能です。

様々な手続きもアプリで行なえますから、初心者でも気軽に不動産投資を始められます。

また、トーシンパートナーズで購入できる物件はすべて自社開発したものです。

グッドデザイン賞に輝くなど高い評価を得ている「フェニックス」や「ZOOM」など、高品質なブランド物件が用意されています。

高いデザイン力とブランド力が売りとなっているため、入居者からの人気も高いです。

トーシンパートナーズの公式サイトはこちら

SYLAは月1万円からマンション投資を始められる

SYLA(シーラ)は、月1万円から不動産クラウドファンディングが始められる不動産投資会社です。

現在では20万人以上の方が利用しており、豊富な物件数から高い人気を集めています。

物件を購入するのに十分な資金がない方や、気軽に不動産投資を始めたい方におすすめです。

またSYLAは、オリジナルの賃貸マンションブランド「SYFORME(シーフォルム)」を提供しています

SYFORMEは高いデザイン性と品質に定評があり、多くの方から注目を集めている物件です。

現時点で入居率99.1%を記録しており、収益の安定性にも優れています。

オンライン無料相談も受け付けているので、投資に対して不安を抱えている方でも利用しやすいです。

SYLAの公式サイトはこちら

不労所得を始める際によくある6つの質問

不労所得を始めるとなると、色々な疑問がわいてくるはずです。

それらを解消できるよう、ここでは不労所得に関するよくある質問を紹介します。

今回紹介する質問は、以下の通りです。

  • 不労所得は誰でも簡単にできる?
  • 「不労所得は危険だからやめとけ」というのは本当?
  • 不労所得の収入だけで生活している人はいるの?
  • 不労所得で生活するにはいくら必要?
  • 不労所得で月5万~月10万稼ぐことは可能?
  • 不労所得でお金を稼ぐのはずるい行為?

疑問や悩みを抱えたままの状態では、不労所得に専念するのは難しいです。

効率良く収益を得るためにも、疑問や悩みは早めに解決しておく必要があります。

不労所得について悩みや疑問がある方は、ぜひ内容を確認しておいてください。

ここでは、各質問の回答について詳しく解説します。

不労所得で簡単にお金を稼ぐことは可能?

不労所得はリスクに応じたリターンが得られるだけで、けっして簡単にお金を稼げるわけではありません。

労働の必要はないとはいえ、不労所得はあくまでビジネスです。

目標金額にもよりますが、不労所得で資金を得るには必ず初期費用・維持費がかかります。

いろいろな試行錯誤を行いつつ、着実に収益を出せるよう行動しなければお金は稼げません。

特に、不動産投資や投資信託は時間と手間がかかる投資方法です。

株式投資・FX投資などの方法なら、短期間でハイリターンを出せる場合もあります。

しかしほとんどの場合、不労所得で簡単にお金を稼ぐのは難しいです。

「不労所得は危険だからやめとけ」っていう噂は本当?

損失リスクの存在を考えた場合、「不労所得は危険だからやめとけ」という噂はおおむね事実です。

実際ネット上には、不労所得で大きな損失を受けた方の口コミが多く投稿されています。

なにも考えずに投資を行う行為は、失敗して損失を出すリスクが高いです。

しかし実践する前にきちんと運用計画を立てておけば、不労所得の損失リスクは軽減できます。

確実に損失が生じるというわけではないので、極端に不労所得を避ける必要はありません。

不労所得で収益を得るには危険性を理解し、リスクヘッジをしながら運用していくことが最も大事です。

不労所得を始めようか悩んでいる方は、よく覚えておいてくだい。

不労所得で生活してる人って存在する?

投資で収益を得ている方の中には、不労所得だけで生活している方もたしかに存在します、

ただしそういった方々と同じように行動しても、同様の成果を得られるとは限りません。

不労所得だけで生活している方の多くは、投資に関する知識・経験を多く所持しています。

特に株式投資やFX投資などで収益を得ている方は、豊富な知識・取引実績を持っている傾向が高いです。

ローリスク・ローリターンの不労所得であっても、きちんとした成果を得るには知識・経験が必要となります。

また不労所得だけで生活していくには、生活費と投資資金を両立できる分の収入が必要です。

投資で安定した収益を長期間維持できない方は、不労所得だけではとても生活できません。

少なくとも知識と経験を積み重ねて収益が安定するまでは、本業と投資収入の2つで生活していくのがおすすめです。

不労所得で生活するにはいくら必要?

不労所得だけで生活するのに必要な金額は人によって異なります。

例えば、生活に必要な金額が月30万円の場合、月30万円を利回り5%で上げるには7,200万円の投資が必要となります。

これは税金や諸費用を考慮しない金額なので、実際にはより高い投資額となります。

また、想定利回り5%だとしても、想定利回りを常に出し続けられるわけではありません。

想定利回りを下回る場合や、元本割れを起こす可能性があります。

不労所得だけで生活することは夢がありますが、大きなリスクがあります。

不労所得は、本業以外の収入源のひとつとして検討するのがいいでしょう。

不労所得のみで月5万・月10万を稼ぐことはできる?

不労所得の収益を安定させることができれば、月5万~10万円程の資金を稼ぐことは可能です。

たとえば利回り5%で月10万円を得るために、必要な投資額は概算で2,400万円です。

しかし会社員なら現金で2,400万円を用意できる人はまれですから、多くの場合はローンを頼ることになります。

ローンを完済するためには、長い年月が必要でしょう。

多額の不労所得を手にするためには、長い年月が必要です。

とはいえ、利回り5%とは相当な数値になります。

定期預金を不労所得にするには、2,400万円どころではない資金が必要となるはずです。

不労所得でお金を稼ぐのはずるい行為?

「お金を稼ぐには額に汗をかかなければならない」といいますが、これは労働所得と不労所得の両方に通じることです。

そのため、不労所得をずるいと感じる必要はありません。

不労所得でまとまったリターンを得るためには、まとまった額の投資が必要です。

まとまった額を貯めるには、労働所得で額に汗をかかなければなりません。

不労所得も労働所得も、地道な努力が必要という点では一緒です。

たしかに遺産を相続することで、労せずして多額の不労所得を手にしている人もいるでしょう。

しかし、そのような方達も知らないところで汗をかいているはずです。

お金を稼ぐにはどんな形であれ、やはり努力が必要なのです。

まとめ:不労所得は無理なく実践しやすい方法を選ぶ

おすすめの不労所得などについて解説しましたが、いかがでしたか?

不労所得は資金を投資することで、働かずに収益が得られる便利な仕組みです。

しかし投資方法には、それぞれ特徴やリターン・リスクの大きさなどがそれぞれ異なります。

不労所得を始める際のポイントは、【目標金額を明確に決め、自分が実践しやすい方法を選ぶ】です。

自信の収入や生活スタイルなどをよく考慮し、無理なく続けられる投資方法を選びましょう。

また実践する際は損失を最小限におさえられるよう、リスクヘッジ対策を行うことも大事です。

この記事で解説した内容を活かして、自分に合った不労所得を見つけてください。